朝刊:2018/02/09

米長期金利の上昇を背景に株式の割高感が警戒されNYダウ、ナスダック指数共に大幅続落

NY為替
8日の東京為替市場で日経平均の大幅続伸や米長期債利回りの上昇を受け円安ドル高が進んだ流れを引き継ぎNY時間の朝方は109円台後半での底堅い動きで推移していたものの午後にNY株式市場で株価が急落しNYダウが下げ幅を拡大するに連れてリスク回避の円買いの動きが強まりドル円は下げ基調を強め108円台半ばまで急落した。8日のNY為替市場のドル円相場は東京終値より80銭ほど円高ドル安の1ドル=108円80銭台で取引を終えた。
NYダウ
前日もNYダウが取引時間中に300ドル超上昇後小幅安に転じるなど不安定な動きが続く中、米10年債利回りが一時2.88%を付け2014年以来の水準まで上昇したことを受け米長期金利の上昇で株式の割高感が強まることへの警戒から幅広い銘柄に売りが膨らみNYダウは大幅続落し24000㌦の大台を割り込んだ。8日のNY株式市場ではNYダウは前日比1032ドル89セント安の23860ドル46セントと大幅続落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も6777.16(-274.82)と大幅続落した。
NY貴金属
金4月限は1319.0ドル(前日比+4.4)。白金4月限は978.4ドル(前日比-3.3)金は5日ぶりに反発した。株式相場の急落やドル安を受けリスク回避の動きが強まり安全資産とされる金が買われた。又、このところの下げで値ごろ感もあり売り方の買戻しや修正高狙いの買いが入った。プラチナは株安が嫌気され5日続落した。
NY原油
原油3月限は61.15(前日比-0.64)。NY原油は5日続落した。7日EIAが発表した米週間在庫統計で米国の産油量の増加傾向が確認され米国内のシェール・オイルなどの増産による需給悪化を警戒した売りが膨らんだことや米株式相場の急落で同じリスク資産の原油の買いが手控えられたことなどで売りが優勢となった。ヒーティングオイルとガソリンは5日続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は365.75セント(前日比+0.50)。大豆3月限は987.75(前日比+4.75)コーンは3日続伸し、大豆は反発した。コーンはこの日USDAが発表した2月穀物需給で期末在庫予測を下方修正したことや輸出見通しを前月より引き上げたことが好感された。大豆はアルゼンチンの減産見通しが買い材料となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:30米新規失業保険申請件数(前週分)22.1万件(予想23.2万件 前回23.0万件)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。