朝刊:2018/02/13

週明けのアジア、欧州株高を背景に好業績銘柄中心に買いが優勢となりNYダウ、ナスダック指数共に大幅続伸

NY為替
この日は目立った経済指標の発表も無く様子見気分が強い中、ドル円は方向感に乏しい動きで推移した。朝方は米10年債利回りの低下を受けややドル安が進みドル円は108円台半ばで推移した。その後米株式相場が大幅続伸したことでドルが買い戻されドル円は108円後半へ持ち直す動きとなり12日のNY為替市場のドル円相場は前日終値より10銭ほど円高ドル安の1ドル=108円60銭台で取引を終えた。
NYダウ
東京市場が休場となる中、週明けのアジア・欧州株高を背景にNY株式相場が先週末大幅反発した流れを引継ぎ12日のNY株式市場では先週の相場急落の反動からアップルやボーイングなど企業業績が好調な銘柄中心に押し目買いが入りNYダウは上げ幅を拡大し一時570㌦超上昇した。又、原油相場の下げが一服したことも市場に安心感を与えたようだ。NYダウは前日比410ドル37セント高の24601ドル27セントと大幅続伸した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も6981.97(+107.47)と大幅続伸した。
NY貴金属
金4月限は1326.4ドル(前日比+10.7)。白金4月限は972.8ドル(前日比+11.3)金は反発した。ユーロ高ドル安を背景に買いが優勢となった。プラチナは7日ぶりに反発した。ドル安ユーロ高や株高を好感した買いが入った。
NY原油
原油3月限は59.29(前日比+0.09)。NY原油は7日ぶりに小反発した。米株の大幅続伸やドル安による割安感の台頭で買戻しを誘った一方で米国の生産増加への懸念も根強く戻り売り圧力で上値が抑えられ上げ幅は限定的となった。ヒーティングオイルとガソリンは7日続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は367.00セント(前日比+5.00)。大豆3月限は1001.75(前日比+18.75)大豆は大幅反発し、コーンは反発した。大豆はアルゼンチン産地の乾燥懸念やドル安が買い材料視された。コーンはアルゼンチン産地の乾燥予測が支援材料となったほか小麦と大豆の上昇に押し上げられた。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。