朝刊:2018/03/20

フェイスブック急落で他のハイテク株売られNYダウ、ナスダック指数共に大幅反落

NY為替
20、21日のFOMCで追加利上げが確実視され、委員からは今後の経済見通しや年内の政策金利見通しが上方修正されるにではとの見方からFRBが利上げスピードを加速するとの思惑で円売りドル買いが強まった。一方で2016年の米大統領選でトランプ陣営の英コンサルティング会社がフェイスブックを使い5000万人分の個人デ-タを不正に入手したとの疑惑が浮上し米株式相場が急落したことから一時リスク回避の円買いドル売りが強まる場面もあった。19日のNY為替市場ではドル円相場は東京終値より40銭程円安ドル高の1ドル=106円10銭前後で取引を終えた。
NYダウ
2016年の米大統領選でトランプ陣営の英コンサルティング会社がフェイスブックを使い5000万人分の個人デ-タを不正に入手したとの疑惑が浮上しフェイスブックが急落、それを受けマイクロソフトやアップルなど他のハイテク株へも売りが波及したことからNYダウは一時500㌦近く下落した。又、ロシア疑惑を捜査するモラー検察官をトランプ大統領が名指しで非難したことからモラー検察官を解任するのではとの憶測が流れ投資家心理が悪化した。19日のNY株式市場ではNYダウは前日比335ドル60セント安の24610ドル91セントと大幅に反落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も100ポイント超下落し、7344.24(-137.75)。
NY貴金属
金4月限は1317.8ドル(前日比+5.5)。白金4月限は954.4ドル(前日比+4.2)金は4日ぶりに反発した。ユーロ高に支援されたほか米株式相場の大幅安を受け運用リスク回避目的で金への買いが優勢となった。又、トランプ陣営が大統領選で契約した英デ-タ会社による個人デ-タの不正入手疑惑に対する懸念も金を下支えした。プラチナもユーロの反発や金の堅調を受け4日ぶりに反発した。
NY原油
原油4月限は62.06(前日比-0.28)NY原油は小幅に反落した。米株式相場の急落で同じリスク商品の原油にも売りが波及した。一方でサウジアラビアのムハマンド皇太子が「イランが核開発に動くならサウジアラビアも核兵器開発を進める」と述べたと報じられイランとサウジアラビアの対立による中東での地政学リスクの高まりを懸念した買いが入り下げは限定的となった。ガソリンとヒーティングオイルは反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は375.00セント(前日比-7.75)。大豆5月限は1022.50(前日比-27.00)大豆は急落し、コーンは4日続落した。大豆はアルゼンチン産地で週末雨が降ったことで作柄が改善するとの見方が広がり売りを誘った。又、CFTCが発表した週間の持ち高報告でファンドの買い越しが4年ぶりの高水準になったことが警戒され買い持ちを解消する動きが加速した。コーンは小麦と大豆の急落に圧迫された。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。