朝刊:2018/03/23

米中貿易摩擦への懸念の高まりを受けNYダウ、ナスダック指数共に大幅続落

NY為替
トランプ大統領が中国の知的財産権の侵害を理由に同国製品への最大600億ドルの課税を賦課すると表明したことを受け米中貿易摩擦拡大への懸念の高まりからリスク回避の円買いドル売りが加速した。又、ロシア疑惑に絡んでトランプ大統領の弁護団を指揮していた弁護士が辞任したこともドル売りに拍車をかけた。22日のNY為替市場ではドル円相場は前日NY終値より70銭程円高ドル安の1ドル=105円30銭前後で取引を終えた。
NYダウ
この日トランプ大統領が中国に知的財産権の侵害を理由に同国製品に対し最大600億ドルの課税を賦課すことを表明した。それに対し中国が対抗措置を講ずることは必至と見られ米中貿易摩擦の広がりで世界景気の後退が警戒されキャタピラやボーイング、スリーMなど中国向け受注残の多い企業や海外向けに事業展開する主要企業の株価が急落しNYダウの下げを牽引した。又、米長期金利の低下を受け金融株が売られたほか原油相場の下落からエネルギー株も軟調となった。22日のNY株式市場ではNYダウは前日比724ドル42セント安の23957ドル89セントと大幅続落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も大幅に続落し、7166.68(-178.61)。
NY貴金属
金4月限は1327.4ドル(前日比+5.9)。白金4月限は949.1ドル(前日比-1.5)金は続伸した。前日のFOMC後の金利見通しで年3回の利上げに変更が無かったことから米利上げスピードは加速しないとの観測が金の買い安心感に繋がったことや米株の急落でリスク回避姿勢が強まり安全資産としての金への資金流入期待で買われた。プラチナは反落した。ユーロ安や株安が圧迫材料となった。
NY原油
原油5月限は64.30(前日比-0.87)NY原油は3日ぶりに反落した。トランプ大統領が知的財産権の侵害を理由に中国製品に高関税を賦課する制裁措置を表明したことで米中貿易摩擦の拡大で世界貿易戦争に発展し世界景気に悪影響を及ぼすことが懸念され原油の需要悪化につながるとの警戒感が広がり原油の売りが加速した。又、米株式相場の急落で同じリスク商品の原油にも売りが波及した。ガソリンとヒーティングオイルは原油に連れ安した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は376.00セント(前日比+1.00)。大豆5月限は1029.75(前日比変わらず)大豆は前日比変わらず、コーンは小幅続伸した。大豆はトランプ大統領の中国製品への輸入関税強化策に対する報復措置として中国が米国大豆の輸入制限に踏み切ることを警戒した売りが出た一方でアルゼンチンの減産観測を期待した買いもあり売り買いが交錯した。コーンはアルゼンチンの減産見通しが支援材料となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米新規失業保険申請件数(前週分)22.9万件(予想22.5万件 前回22.6万件)
23:00米2月景気先行指標総合指数(前月比)+0.6%(予想+0.5% 前回+0.8%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。