朝刊:2018/03/28

ハイテク株安で投資家心理が冷やされNYダウ、ナスダック指数共に急反落

NY為替
米中貿易摩擦への懸念が後退したことを受けロンドン時間では円安ドル高の流れが継続し一時ドル円は106円手前まで上昇したもののNY時間の午後に入りフェイスブックの情報流用問題でIT規制強化への懸念の高まりを受けIT/ハイテク株売りが強まりNY株式市場が大幅反落したことからドル売りが加速しドル円はロンドン市場での上昇分を打ち消す動きとなり105円台半ばへ値を下げた。又、株安を受け米10年債利回りが低下したこともドル売り圧力を強めた。27日のNY為替市場でのドル円相場は前日終値より7銭ほど円高ドル安の1ドル=105円35銭近辺で取引を終えた。
NYダウ
27日のNY株式市場では朝方は米中貿易摩擦への懸念が後退したことを好感した買いが継続したものの午後に入りフェイスブックの個人情報流用問題でIT規制強化への懸念が広がりハイテク株全般が下落したことから投資家心理が冷やされ幅広い銘柄にも売りが波及し相場全体を押し下げた。又、米債券利回りの低下から金融株にも売りが膨らんだ。NYダウは前日比344ドル89セント安の23857ドル71セントと急反落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も主要のIT/ハイテク株が売られたことで大幅反落し、7008.81(-211.74)。
NY貴金属
金4月限は1342.0ドル(前日比-13.0)。白金4月限は946.7ドル(前日比-3.7)金は5日ぶりに反落した。ドル高ユーロ安が圧迫要因となったことや4日続伸した後で利益確定売りが出易い環境の中、米中貿易摩擦への警戒感が後退し安全資産として買われた金への売りが優勢となった。プラチナも反落した。ユーロ安や株安で戻り売り圧力が強まった。
NY原油
原油5月限は65.25(前日比-0.30)NY原油は小幅に反落した。28日に発表される官民の週間石油在庫統計を前に積極的な売買が手控えられる中、米株安やドル高を背景に利益確定売りが優勢となった。ガソリンとヒーティングオイルは反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は374.00セント(前日比変わらず)。大豆5月限は1019.50(前日-6.00)大豆は続落し、コーンは横ばい。大豆はアルゼンチン産地の降雨見通しが売り材料視されたほか29日の作付け意向面積と四半期在庫の発表を前に持ち高調整の売りが継続した。コーンは29日の作付け意向面積の発表を前に様子見気分強まり売買見送られ動意薄の展開。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:00米1月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比)+6.4%((予想+6.2% 前回+6.3%)
23:00米3月リッチモンド連銀製造業指数15(予想22 前回28)
23:00米3月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)127.7(予想131.0 前回130.0)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。