朝刊:2018/04/03

米中貿易摩擦の広がりが警戒され投資家心理が悪化しNYダウ、ナスダック指数共に大幅反落

NY為替
この日発表された米3月ISM製造業景況指数が事前予想を下回ったことや米10年債利回りが低下したことに加え2日に中国がトランプ政権による鉄鋼・アルミへの輸入制限への報復措置として米国に対し豚肉など128品目に高関税を賦課することを発表したことで米中貿易摩擦の広がりへの警戒が強まり、米株式相場が急落したことを受けリスク回避の円売りドル買いの流れが加速し、2日のNY為替市場でのドル円相場は29日終値より50銭ほど円高ドル安の1ドル=105円90銭前後で取引を終えた。
NYダウ
2日のNY株式市場では中国がトランプ政権による鉄鋼・アルミへの輸入制限に対する報復措置として米国産豚肉など128品目に高関税を賦課することを発表したことで米中貿易摩擦の広がりへの警戒で投資家心理が悪化し運用リスクを回避する動きが強まった。又、トランプ大統領がアマゾン・ドットコムへのツイッターでの批判を繰り返していることなどを受けIT/ハイテク銘柄全般に売りが広がり相場全体を押し下げNYダウは一時750ドル以上値下がりした。その後は買い戻しの動きも出て値を戻すも結局NYダウは前日比458ドル92セント安の23644ドル19セントと大幅に反落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も大幅反落し、6870.12(-193.32)と7000ポイントの大台を割り込んだ。
NY貴金属
金6月限は1346.9ドル(前日比+19.6)。白金7月限は936.5ドル(前日比+3.9)金は4日ぶりの大幅反発。弱気な経済指標を受け米景気の強気な見方が後退したことや米株式相場の急落などで投資家のリスク回避姿勢が強まり安全資産とされる金の買いが優勢となった。又、ドル安も支援材料となった。プラチナも反発した。ドル安ユーロ高や金の堅調が好感された。
NY原油
原油5月限は63.01(前日比-1.93)NY原油は急反落した。ロシアの3月の一日当たりの産油量が前月を上回り2014年4月以来の高水準となったことやサウジアラビアがアジア向け原油の販売価格を引き下げる見通しと伝わったことなどで主要産油国間の協調減産合意が崩れるのではとの懸念の高まりを背景に売りが加速したほか米中貿易摩擦への懸念で米株式相場が急落したことから同じリスク商品とされる原油への売りが波及した。ガソリンとヒーティングオイルも反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は387.25セント(前日比-0.50)。大豆5月限は1035.50(前日比-9.25)大豆とコーンは共に反落した。中国が米国産豚肉やワインなどの128品目に高関税を賦課すると発表したことを受け米中貿易摩擦の拡大で大豆にも対象が広がる可能性があるとの懸念が高まったことや先週発表された大豆とコーンの四半期在庫が予想を上回ったことで需給の緩みが警戒され売りが優勢となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00米3月ISM製造業景況指数59.3(予想60.0 前回60.8)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。