朝刊:2018/04/06

トランプ政権幹部の発言を受け米中貿易摩擦への過度な警戒が後退しNYダウ、ナスダック指数共に3日続伸

NY為替
ナバロ国家通商会議委員長やクドロー米国家経済会議(NEC)会議議長などトランプ政権の複数の幹部が米中間の貿易戦争回避に向けた交渉に前向きな発言をしたことから米中貿易摩擦への過度な警戒が後退したことで欧米株式相場が堅調に推移したことや米10年債利回りの上昇で投資家のリスク回避姿勢が和らぎリスク選好のドル買いが強まり円安ドル高となった。5日のNY為替市場でのドル円相場は前日終値より60銭ほど円安ドル高の1ドル=107円30銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
トランプ政権の複数の幹部が米中貿易戦争回避に向けた交渉に意欲を示す発言をしたことから米中貿易摩擦激化への過度な警戒が後退したことで投資家のリスク選好意欲が高まり中国との貿易依存度の高いボーイングやキャタピラーなどに買い戻しの動きが強まったほか原油高でシェブロンやエクソンモービルなどのエネルギー株が上昇し相場を押し上げた。又、ハイテク株や金融株にも買いが波及した。5日のNY株式市場ではNYダウは前日比240ドル92セント高の24505ドル22セントと3日連続で大幅上昇した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も3日続伸し、7076.55(+34.44)。
NY貴金属
金6月限は1328.5ドル(前日比-11.7)。白金7月限は915.3ドル(前日比-2.8)金は反落した。米中貿易摩擦の懸念が後退し株高となったことからリスク回避目的で買われやすい金への売りが膨らんだ。又、ドル高も金の重石となった。プラチナは3日続落した。ドル高や金とパラジウムの軟調が圧迫要因となった。
NY原油
原油5月限は63.54(前日比+0.17)NY原油は小反発した。サウジアラビアが5月の原油販売価格を引き上げると通知したことや米中貿易摩擦への懸念の後退で株高となったことが支援材料となった。一方でドル高によりドル建てで取引される原油の割高感を意識した売りで上値が抑えられた。ガソリンは続伸し、ヒーティングオイルは続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は389.50セント(前日比+8.50)。大豆5月限は1031.25(前日比+16.00)大豆とコーンは大幅に反発した。米中間の報復関税の発動回避に向けた交渉が進むとの観測から米中貿易摩擦への警戒が後退したことや小麦高で買戻しが優勢となった。又、昨日の急落で自立反発狙いの買いが入った。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米新規失業保険申請件数(前週分)24.2万人(予想22.5万人 前回21.8万人)
21:30米2月貿易収支-576億ドル(予想-568億ドル 前回-567億ドル)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。