夕刊:2019/02/19

日経平均は20円高の小幅高。貴金属はまちまち。オイルは小反落

為替

19日の東京外為市場は、昨日同様狭いレンジでのもみ合いに終始した。ドル・円は、高値110円70銭-安値110円45銭値幅25銭(昨日は、15銭)で推移した。豪ドル・円などクロス円が下押しする場面もあったが、その後、昼過ぎまでほとんどが110円50銭付近での揉み合いで推移した。朝方の取引で110円60銭台に上昇後、日経平均株価の前日終値付近からやや下落した値動きから、110円40銭台と円買いに振れた。豪準備銀定例会合議事録がハト派よりだったことを受け豪ドル・円が軟化し、ドルを下押しした。ただ、押し目買いも観測され、ドルは110円50銭付近での揉み合いが続いた。一方、中国株や欧米株式先物はプラス圏を維持しており、円買いは強まらなかった。午後からは、黒田日銀総裁の発言を受けて為替がドル高方向に振れ、一時110円70銭を付けた。その後は、ダレ110円60銭台の揉み合いとなった。市場参加者少なく薄商いが継続した。本日これまでのレンジ:ドル・円:110円45銭-110円70銭、ユーロ・ドル:1.1293ドル-1.1314ドル、ユーロ・円:124円77銭-125円15銭

株式(日経平均)

19日の東京株式市場で日経平均は前営業日比20円80銭(0.10%)高の21302円65銭の小幅続伸した。TOPIX:1606.52 0.28%高、マザーズ:883.01 0.91%高。前日の米国株市場が休場で手掛かり材料難の中、利益確定売りが先行。一時は前日比60円ほど下落したが、米中通商協議の進展期待で世界的に楽観ムードが広がる中、下値を売り込む動きもみられなかった。前日引け近辺で売り買いが交錯し方向感に欠ける値動きだった。午後に黒田日銀総裁の発言を受けて為替が円安方向に振れ、日経平均も連れ高となる場面があったが追随の買いは限定的だった。黒田総裁は、物価安定目標の実現に必要なら追加緩和を検討する、追加緩和、効果とともに金融仲介・市場機能も考慮する必要などと述べた。東証一部売買高10億6605万株、売買代金1兆8570億円、値上り銘柄1049、値下り銘柄976、変わらず104。

貴金属

金先限帳入値4699円(前日比+6円)銀先限帳入値56.1円(前日比+0.0円)白金先限帳入値2874円(前日比+14円)パラジウム先限帳入値4767円(前日比+55円)東京金、銀は総じて続伸。金はドル建て現物相場の上昇や円小幅安を受けて買い優勢で始まった。その後は、円安一服を受けて上げ一服となった。銀は金堅調につれ高となった。午後に入ると一旦は上昇は止まり4700円台を割り始める。しかし、そこから先はどんどん売られる展開にはならず、4700円を挟んでの攻防。先限出来高は25000枚とどかずで閑散とした商い。今晩の米市場が開けてからが本番か。午後の東京プラチナは、堅調。午前中は、ドル建て現物相場の上昇や円小幅安を受けて買い優勢で始まったのち、円安一服に上値を抑えられたが、パラジウム上昇を受けて押し目を買われた。午後に入ると、パラジウム一段高を受けて堅調となった。午後も値段は堅調で推移。2900円は突破することは出来なかったが、終始高値をキープ。2900円を突破できれば3000円の節目までは上げ足早く行きそうなチャート。

石油

原油先限帳入値44540円(前日比-120円)ガソリン先限帳入値55890円(前日比-60円)灯油先限帳入値59510円(前日比-190円)午前の東京石油市場は軟調。前日までの上昇を受けて利益確定の売りが優勢となっている。昨日の海外市場でブレント原油は続伸したものの、ニューヨーク市場が休場だったことから動意は限定的だった。時間外取引でニューヨーク原油が上げ幅を削っていることも重しになっている。午後に入っても値段は上がらず。昨日の4桁高からの利食いも入りやすい状況。東京原油先限は44500円を挟んだ動きで終始。

ゴム

ゴムRSS先限帳入値193.5円(前日比+6.5円)ゴムTSR先限帳入値163.8円(前日比+4.4円)ゴムRSSは、大幅続伸。上海夜間が大幅高となったことを好感し、買いが先行する展開となっている。先限は一時192.8円まで上昇する場面があった。ゴムTSRは、シンガポールゴムTSR20が大幅高となっていることを受けて、概ね4円超の上昇となっている。午後に入っても上昇の勢いは止まらず。先限で6円オーバーも超えてくる。前回の1/21の高値193.4円を抜く形。

とうもろこし・大豆

コーン先限帳入値は24370円(前日比+300円)東京コーンは先限は確り。自律修正高場面が続き、先限20年3月限は3けた高。堅調な夜間の流れを引き継いで序盤は買いが先行。序盤は一部限月が売り優勢となったが、その後は地合いを引き締めている。午後に入っても値段は堅調。24000円を固め、25000円を取れるかがポイント。先限出来高は200枚届かず。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。