夕刊:2019/02/27

株式・為替・商品市況

為替

27日の東京外為市場でドル・円は、海外市場の流れを継続して極めて狭い値幅(高値110円63銭-安値110円52銭 11銭値幅)での動き。朝方、目新しい判断材料に乏しく、米朝首脳会談を控えた様子見姿勢が強まる中、日経平均の反発スタートに対する反応も限定的、110円50銭付近では押し目の買い、110円60銭付近では戻り売りと薄商いの中狭いレンジで推移した。昨日に引き続きパウエルFRB議長の議会証言がある。昨日の上院銀行委員会での証言は、新たな発言がなかったことで限られた反応になった。本日は下院金融サービス委員会での証言となるが、想定外の発言以外には無反応であろう。もうひとつの証言はトランプ米大統領の個人弁護士だったコーエン被告の証言になる。下院監視・政府改革委員会で証言が行われるが、今回は公開の証言となるため内容次第では、思惑を呼ぶことも考えられる。本日これまでのレンジ:ドル・円:110円52銭-110円63銭、ユーロ・ドル:1.1375ドル-1.1395ドル、ユーロ・円:125円80銭-125円99銭

株式(日経平均)

27日の日経平均株価は前日比107円12銭高(+0.50%)の21556円51銭と反発して引けた。朝方は、買いが先行した。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言で米利上げ先送り観測が強まり、リスクを取りやすくなった海外投資家が株価指数先物に買い戻しを入れたもよう。徐々に上げ幅を広げ、一時21565円21銭(前日比115円82銭高)まで上昇した。その後は上げ一服商状ながら、前引けにかけて高値圏で推移した。その後は、21500円台で揉み合い推移していたが、下値も硬く値をジリジリと上げ始める展開となり前場の高値を更新し21578円81銭をつけた。東証1部の出来高は12億3574万株、売買代金は2兆3924億円。騰落銘柄数は値上がり1153銘柄、値下がり893銘柄、変わらず83銘柄。国内機関投資家は3月期末接近で決算対策の株式売りを出したいが、利が乗ったものが少なく戻り待ちの姿勢。米中通商協議で良い話が出れば、もう一段上買戻しを誘発する為21800円-22000円程度までの戻りの可能性は、高いと思える。

貴金属

金先限帳入値4703円(前日比-15円)銀先限帳入値56.8円(前日比+0.1円)白金先限帳入値3057円(前日比-3円)パラジウム先限帳入値5032円(前日比+12円)東京貴金属で金は、安より後じり安の展開。他は、13円~16円安。海外市場で小安い展開を継続して寄付き、為替の円高ドル安を手がかりに下落した。銀は、変わらずから小幅高。白金は、期近-期先で+2円-3円と横ばいで推移。パラジウムは、寄付き後続伸するも利益確定の売りに押され期先は、前日比+7円高。期近は、4月+36円高の5475円、6月+122円高の5382円と目先の現物需要の強さをあらわしている。

石油

原油先限帳入値44240円(前日比+640円)ガソリン先限帳入値54900円(前日比+700円)灯油先限帳入値60240円(前日比+600円)東京石油市場は、前日の大幅安後の反発高。NY原油、ドバイ産原油の相場高を受けて反発して始まった。主要産油国の協調減産継続への思惑などを背景に上昇した。その後は、WTI、円相場とも小動きの為、レンジ内で推移。

ゴム

ゴムRSS先限帳入値200.8円(前日比+1.7円)ゴムTSR先限帳入値170.8円(前日比+2.0円)軒並み反発。RSS、TSRとも底堅い展開。主要天然ゴム産出国による国際協議で減産が決まり、ゴム独自の材料に乏しく、様子見姿勢が強まりそうである。取引材料を多方面に求める展開となるであろう。

とうもろこし・大豆

コーン先限帳入値は24570円(前日比-80円)東京コーンは、軟調。中心限月2020年3月先限は、前日比-100円安、他は、期近だけ+0円で-30円~-80円安。前日のシカゴ相場が小麦安に追随して下落した流れを受け、続落して寄り付いた。その後も為替の円高ドル安を背景に、買い方の手仕舞いに押された展開となった。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。