夕刊:2019/10/28

日経平均株価本日も年初来高値更新、東京金、銀、原油堅調推移。

為替

28日の東京外国為替市場でドル・円は伸び悩み。時間外のダウ先物や米10年債利回りが上昇したことを受けた買いが入ったが、108.80円には届かず。シンガポール市場の休場で流動性が乏しく、基本的には動きが鈍い。日本株や中国株の上昇で円売りに振れやすい地合いとなったが、米追加利下げを意識した売りに押された。ドル・円は、「合意なき」ブレグジット回避や米中貿易協議での進展などへの期待感から、日経平均株価や上海総合指数の上昇を手がかりにドル買い・円売りに振れた。ただ、輸出企業の売りが上値を抑えた。ユーロ・ドルは小動き。これまでの値幅は10pips程度と狭く、早くも欧州勢参入待ちの様相が濃い。なお、欧州は冬時間に移行しており、今日の英株・独株など株式市場の始まりは17時からとなる。ユーロ・円はこう着。これまでの参考レンジ:ドル・円:108.67円-108.79円、ユーロ・ドル:1.1076ドル-1.1086ドル、ユーロ・円:120.42円-120.62円

株式(日経平均)

28日の東京株式市場で日経平均株価は本日も年初来高値を更新して引けた。前日比67円46銭(0.30%)高い2万2867円27銭で引けた。(高値2万2896円22銭-安値2万2830円57銭)TOPIX:1648.43 0.00 0.01%安、マザーズ:867.48 +1.80 0.21%高。米企業の決算や貿易問題を巡る米中協議の進展などを受けて投資家心理が改善したが、上値を追う動きは限定的。米中は25日、貿易問題を巡る閣僚級の電話協議を開き、米通商代表部(USTR)は「いくつかの分野で完了に近づいている」との認識を示した。協議が前進したとの見方が前週末の米株式相場の上昇につながり、国内でも買い安心感につながった。28日の香港・ハンセン指数などアジアの株式相場が総じて上昇して始まったことも支えになった。寄り付き後に2万2891円62銭まで上昇し、取引時間中としての年初来高値を更新した。高値では利益確定売りなどが上値を抑えたが、目立った売り材料は見当たらず。上昇が目立ったのは半導体関連株だ。前週末に米インテルが通期業績を上方修正し、米フィラデルフィア半導体株指数が最高値を更新したのが支援材料となった。日経平均は朝高後上昇が一服し、上値は重かった。心理的な節目となる2万3000円が近づき、利益確定売りが出やすくなっている。先週末に決算を発表した信越化は、一時12320円まで上昇して10月16日以来の年初来高値を更新したが、その後は下げ幅を広げてきており、本格化する決算を前に足元で強い値動きを見せていた銘柄へは利益確定の動きがみられている。一方で本日決算発表が予定されているファナックなどは強い値動きをみせており、ショートカバーとみられる動きも出ている。決算内容のほか、決算後の株価反応を見極める必要はあるものの、需給妙味のある銘柄などについては、ショートカバーが入りやすい。

貴金属

金先限帳入値5248円(前日比+3円)銀先限帳入値63.1円(前日比+0.6)白金先限帳入値3251円(前日比+1円)パラジウム先限帳入値5936円(前日比+53円)東京金は、総じて堅調。銀は、堅調。NY金現物相場は、横ばい。米政権が中国との貿易協議について、一部分野で決着しそうだと発表したのを受け、株価やドルが上昇。金相場は序盤の上げを縮小した。第1段階の貿易合意に関し、強硬派の米政権高官による肯定的なコメントが出たため、利益確定売りが出た。金は最近の高値の1520ドルを突破できずに推移していた。米通商代表部(USTR)は25日、次官級協議が続けられるだろうとしながらも、進展分野についての詳細を明らかにしなかった。トランプ米大統領は通商をめぐり、米国が「非常にうまく」交渉していると述べた。ただ、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる不透明感が金相場を幾分支援している。東京金は、総じて小幅高。午前中は、25日のニューヨーク金が高値を維持できなかったとから売りが優勢する場面があったが、売り一巡後、強含み商状となり、小じっかり。先限は5253円で頭打ちとなった後、5250円前後でのもみあい。夜間取引で5283円まで上伸後、上げ幅を削ったが、5200円台前半の抵抗帯を上放れていることや、ドル建て現物価格が1500ドル台を維持しており、利食い売りは急がず、冷静な投資家が多い。銀は、NY高を受けて買い優勢となった。金は、11円安~6円高、銀は、0.5円高~1.8円高。プラチナ系貴金属(PGM)は、プラチナが軟調。プラチナは、NY市場での上げ一服を受けてまちまちで始まった。その後は、金堅調に影響される場面もあったが、徐々に値を崩し始め全限月が軟調となった。パラジウムは、NY安となったが、押し目を買われて堅調となった。プラチナは、17円安~1円高、パラジウムは、4円安~69円高。

石油

原油先限帳入値38740円(前日比+390円) ガソリン先限帳入値52760円(前日比+570円)灯油先限帳入値56090円(前日比+420円)東京石油市場は、上昇。NY原油先物相場は、続伸し、週間で大幅な上昇となった。景気に関する不安よりも、米中貿易合意をめぐる楽観的な見方や、米原油在庫の減少、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が協調減産を拡大するとの見通しが重視された。相場は原油需要の重しになっている米中貿易摩擦の解消に向け、両国の協議が進展している兆しに支援された。この日、米当局は「第1段階」の貿易合意が「最終決着に近づいている」と発表した。米中協議のムードが改めて前向きになっていることは株価上昇を加速させており、原油相場はその恩恵を受けている。ただ、経済成長鈍化をめぐる不安は、引き続き相場の足かせになっている。世界的な経済活動の減速は需要減退を招く。従って現実的には、原油相場の上昇は限定されるであろう。今週は2020年の需要軟化の見通しを踏まえ、複数のOPEC関係者が協調減産幅を拡大する可能性に言及したことも相場を支援した。米産油量の増加ペースが減速していることも支援材料になっていると指摘した。東京石油市場は堅調。米通商代表部(USTR)が中国との通商協議が進展したと発表したことが手がかりとなっている。円相場は108円後半で推移し、先週末よりも円安推移。ただ、時間外取引でニューヨーク原油は軟調。日中取引開始後、東京原油先限は3万8890円まで上げ幅をやや拡大。夜間取引までの高値を上回った。ただ、その後は上げ一服となっている。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を発表する。市場予想が分かれており、発表前後ではそれなりの変動がありそうだ。日銀金融政策決定会合も行われる。7-9月期の米国内総生産(GDP)・速報値や10月の米雇用統計も注目度が高い。原油は、140円高~440円高、ガソリンは、370円安~620円高、灯油は、250円高~420円高。

ゴム

東京ゴムRSS先限帳入値167.1円(前日比-1.2円)ゴムTSR先限帳入値148.9(前日比0円)東京ゴムRSS3号は、下落。寄り付きでは、産地高などを背景に、買いが先行する展開となった。ただ、その後は、上海ゴムが軟化したことなどから、売り物がちとなった。商いは盛り上がりを欠いている。新甫2020年4月限は、171.5円で発会後、172.5円まで上昇したが、その後は売り優勢となっている。TSR20は動意に欠ける展開となっている。新甫2020年4月限は、一時172.5円まで上昇したが、その後、169円まで軟化するなど、上値が重い展開となっている。9月17日高値173.9円や8月19日の高値174.4円を目指した展開となろう。一方、これに失敗すれば、当先の順ザヤが20円超も開いていることから、サヤ寄せの動きが強まり、売りが先行する可能性がありそうだ。

とうもろこし・大豆

コーン先限帳入値24200円(前日比-100円)東京コーンは、まちまち。日中取引の出来高は100枚程度にとどまり、玉次第の取引。先限は前日の終値をやや下回ったもみあい。東京コーンは期先3本が小幅安~変わらず。先限は日中取引で2万4190~2万4330円で推移。前日の高値2万4330円を上抜く勢いはない。週明けのシカゴ夜間取引が小幅安で推移しているが、東京市場は特に売り仕掛けの動きはなく、地合いが緩むには至らず。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。