朝刊:2019/06/07

メキシコ関税先送り期待でダウは四日続伸の181ドル高。ゴールドは続伸。オイルも大幅反発。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は3日ぶりに小反発した。前日比05銭円高・ドル安の1ドル=108円35銭~45銭で取引を終えた。米株式市場でダウ平均が上げ幅を広げる中、ドル円も買い戻しが膨らんでいる。前半はドル売りの流れが続いた。市場では年内の米利下げ期待を確実視しており、それのみならず、9月と12月の2回の利下げを80%以上の確率で織り込んでいる。パウエルFRB議長を始めとしたFOMCメンバーの発言を見ても、市場の利下げ期待を追認はしていないが否定もしておらず、米国債利回りも下げが続いていることから、為替市場はドルロングの調整が続いている模様。ドル円は序盤に108円割れを再び試す動きも見られたが、リスク回避一服で円安の動きがサポートする中、108円台は維持されていた。そのような中、終盤になって伝わったメキシコ関税の報道で108円50銭近辺まで一気に買い戻されている。

NYダウ

米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比181ドル09セント(0.7%)高の25720ドル66セントで終えた。「米国がメキシコからの輸入品に対する追加関税の発動を遅らせることを検討している」と米ブルームバーグ通信が6日午後に報じ、幅広い銘柄が買われた。終値の前日比は、ナスダック総合指数が40.08高の7615.56、S&P500が17.34高の2843.49。終盤になって米政府がメキシコへの関税賦課を先送りする方向で検討との報道が伝わり、メキシコ関税先送り期待が高まった。その報道を受けダウ平均の上げ幅は一時260ドル超に拡大する場面も見られた。トランプ大統領はツイッターで「移民問題に関して両国に進展はあったものの、十分には程遠い」とツイートしていた。メキシコが移民問題で十分な対応を取らない場合、メキシコからの全輸入品に段階的に5%から最大20%まで関税を引き上げるとしている。しかし、中国とは違い、米議会からも非難の声が多く、市場はさほどエスカレートせずに何らかの落とし所を見つけられるのではとの期待もあるようだ。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が8.1~9.3ドル高、中心限月の8月限が9.1ドル高、銀が10.7~11.6セント高、中心限月の7月限が11.4セント高。金8月限は続伸。時間外取引では、米国とメキシコの移民問題の協議継続を受けて戻りを売られる場面も見られたが、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測などを背景に押し目を買われて堅調となった。日中取引では、欧州中央銀行(ECB)理事会後にユーロが買い戻されたことや米FRBの利下げ観測によるドル安を受けて堅調となった。米利下げ観測の高まりで金市場に資金が流入しやすくなるとの思惑による買いが続いた。6日は欧州中央銀行(ECB)の理事会での政策決定などを受けて、外国為替市場でドルが対ユーロなどで下落した。ドルの代替投資先とされる金の買いを促した面もあった。 銀7月限は、ドル安や金堅調を受けて続伸した。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は大幅に反発した。WTIで、期近の7月物は前日比0.91ドル高の1バレル52.59ドルで取引を終えた。トランプ米大統領が貿易問題で対メキシコへの強硬姿勢を緩めるとの思惑が浮上した。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.90~0.91ドル高。その他の限月は0.73~0.92ドル高。米国がメキシコからの輸入品に対する関税賦課を延期することを検討していると報道されたことが景気懸念を後退させ、買い戻しを後押しした。ブルームバーグが関係筋の話として伝えている。来週10日に関税賦課が始まるなかで、メキシコ側が協議を前進させるためにより多くの時間が必要であると強く要求しているもよう。メキシコに対する関税先送り報道で米株価指数は堅調に推移したほか、リスク回避が後退したことによる円安もみられ、金融市場全体がやや安堵する格好となった。ただ、メキシコ外務相は6日の協議で合意はなく、協議を継続すると発表している。

シカゴコーン・大豆

コーンは総じて反発。終値の前営業日比は1.50セント安~5.75セント高。中心限月の7月限は5.75セント高の420.50セント。大豆は小幅続落。終値の前営業日比は2.00~0.25セント安。中心限月の7月限は1.00セント安の868.75セント。弱気な純輸出成約高を受けて値を落とす場面が見られたが、米国が主要なコーン輸出相手先であるメキシコに対する関税の発動を先送りすると伝えられたことが買い安心感を強めた。また、翌週に控えている米農務省(USDA)月例需給報告での生産量下方修正が見込まれていることも買い支援材料となり、7月限は高値圏で終了。終値ベースでの420セント台を回復した。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。