朝刊:2019/08/14

ダウは急反発の前日比372ドル高。ゴールドは一時は一代高値を付けるも小幅安。オイルは4営業日続伸。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は5営業日ぶりに大幅に反落し、前日比1円50銭円安・ドル高の1ドル=106円70銭~80銭で終えた。トランプ米政権が9月1日に発動を予定するほぼすべての中国製品に制裁関税を広げる「第4弾」について、特定品目の発動を先送りすると発表した。朝方は105円割れを試す動きが再び見られていたが、急速に買い戻されている。トランプ政権が中国からの輸入品に賦課する予定の10%の追加関税について、一部製品に限り発動を12月15日まで延期すると発表した。米通商代表部(USTR)がウェブサイトで発表。一部は予定通り9月1日に関税が発動される。延期になった製品には携帯電話やパソコン、玩具などや日用品が含まれており、新学期から年末商戦にかけての家計の消費に配慮した内容となっている。また、新華社通信によると、中国が米国と2週間以内に電話協議を行うと報じた。中国の劉副首相がムニューシン米財務長官、ライトハイザーUSTR代表と協議を行うと述べた。

NYダウ

米株式相場は3営業日ぶりに急反発した。ダウ工業株30種平均は前日比372ドル54セント(1.4%)高の26279ドル91セントで終えた。米通商代表部(USTR)が13日朝、ほぼ全ての中国製品に制裁関税を課す「第4弾」について一部品目の発動を12月に先送りすると発表した。終値の前日比は、ナスダック総合指数が152.95高の8016.36、S&P500が43.23高の2926.32。トランプ政権が中国からの輸入品に賦課する予定の10%の追加関税について、一部製品に限り発動を12月15日まで延期すると発表した。米通商代表部(USTR)がウェブサイトで公表。一部は予定通り9月1日に関税が発動される。延期になった製品には携帯電話やパソコン、玩具など日用品が含まれており、新学期から年末商戦にかけての家計の消費に配慮した内容となっている。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は反落。終値の前日比は、金が3.4~2.3ドル安、中心限月の12月限が3.1ドル安、銀が8.8~7.7セント安、中心限月の9月限が8.6セント安。金は2020年12月限までの全限月が一代高値を更新した。銀は取組高の少ない期近8、10月限が一代高値を更新。現物資産の裏付けがありリスク回避時に上昇しやすい金には買いが先行していた。13日早朝には一時1546.1ドルと、中心限月として2013年4月以来ほぼ6年4カ月ぶりの高値を付けた。日中取引開始後は、トランプ政権が中国からの輸入品に賦課する予定の10%の追加関税について、一部製品に限り発動を12月15日まで延期すると発表したこととを受け、ドルが反落、欧米の株価が買い優勢となると、急速に値を消し、マイナスサイドでの取引となった。一時、今月7日以来の安値となる1488.9ドルまで値を崩したが、押し目買いで1510ドル台を回復するまで切り返し、小幅安で引けた。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は大幅に4日続伸した。WTIで、期近の9月物は前日比2.17ドル(4.0%)高の1バレル57.10ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が2.17~2.25ドル高。その他の限月は1.48~2.37ドル高。米国は中国からの輸入品に賦課する10%の輸入関税について、一部の関税発動を12月15日まで延期すると発表した。新学期入りを控えた学用品の購入やクリスマス商戦に混乱が生じないよう配慮した。米国が対中関税の強化し、中国を為替操作国に認定してから初めてとなる協議を行っており、米中貿易摩擦の悪化懸念が後退している。13日に中国の劉鶴副首相やムニューシン米財務長官、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表らが電話協議した。米中両国は2週間以内に再度協議を行う予定で、9月1日の10%関税発動を控えて思惑が広がっている。トランプ米大統領は中国との電話協議について非常に生産的だったとの認識を示している。

シカゴコーン・大豆

コーンは概ね大幅続落。終値の前営業日比は19.25セント安~0.75セント高。中心限月の12月限は16.25セント安の376.50セント。大豆は総じて反発。終値の前営業日比は出来高の薄い先限が0.75セント安だが、それ以外が4.50~10.50セント高。中心限月の11月限は9.75セント高の889.00セント。前日に発表されたUSDA発表の需給報告で米国の生産量がまさかの上方修正となった弱気のサプライズを消化する動きが続いた。米産地での気温低下と降雨による土壌水分の改善観測も弱材料。12月限は5月13日以来、初めて370セント台に値を落とし、安値に近い水準で終了。生育遅れによる上昇幅を完全に相殺した形となった。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。