朝刊:2019/10/16

ダウはリスク選好から大幅反発。前日比237ドル高。ゴールドは反動安で10ドル以上の大幅安。オイルは続落。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は4日続落した。前週末11日終値から40銭円安・ドル高の1ドル=108円80~90銭で取引を終えた。一時は108円90銭と約2カ月半ぶりの円安水準を付けた。米株式相場の上昇で投資家のリスク選好姿勢が強まり、低リスク通貨の円は売られた。米株式市場でダウ平均が一時300ドル超上昇するなどリスク選好のムードが強まっており、円安の動きがドル円を押し上げた。一部報道で「EU離脱協定に関して英国とEUの交渉担当者がブリュッセルで会合を開いており、きょう中にもEU離脱協定の草案合意に近づいている」と報じられた。それに伴ってポンド円が上昇しており、ドル円をサポートした面もあった模様。ドル円は108.90円近辺まで上昇したが、200日線が控える109円台には慎重で、明日以降の動きが注目される。先週の米中貿易協議は部分的に合意し、来月チリで開催されるAPEC首脳会合で両首脳が署名すると見られている。関税引き上げも延期され、いまのところ市場も素直に好感しているが、市場の一部からは、首脳会合までに合意が破棄されるリスクへの懸念も燻っているようだ。

NYダウ

米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比237ドル44セント(0.9%)高の27024ドル80セントで終えた。ほぼ1カ月ぶりに2万7000ドルを回復した。前日比は、ナスダック総合指数が100.06高の8148.71、S&P500が29.53高の2995.68。この日発表の企業決算が好調な内容が多かったことがリスク選好のムードを高めている。ユナイテッドヘルスやJPモルガン、ジョンソン&ジョンソンなどが好調な決算を発表していた。加えて一部報道で、「EU離脱協定に関して英国とEUの交渉担当者がブリュッセルで会合を開いており、きょう中にもEU離脱協定の草案合意に近づいている」と報じられたこともサポートした模様。先週の米中貿易協議では部分的に合意し、来月チリで開催されるAPEC首脳会合で両首脳が署名すると見られている。関税引き上げも延期され、いまのところ市場も素直に好感しているが、市場の一部からは首脳会合までに合意が破棄されるリスクへの懸念も燻っているようだ。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は反落。終値の前日比は、金が14.2~12.1ドル安、中心限月の12月限が14.1ドル安、銀が32.8~32.6セント安、中心限月の12月限が32.6セント安。 金12月限は反落。時間外取引では、売り優勢となり軟調な展開となる場面もあったが、1492ドル台で下げ渋った後、戻り歩調となり、小じっかり。日中取引では、弱含み後、米株の上昇、ドル高ムードから手じまい売り先行もようとなり、下げ足を早め、1480ドル割れ寸前まで下落した。15日の米株式市場で主要株式指数が大きく上昇し、投資家が運用リスクを取る姿勢を強めた。運用リスクを回避するときに買われやすい金先物には売りが出た。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は続落した。WTIで期近の11月物は前日比0.78ドル安の1バレル52.81ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.78~0.77ドル安。その他の限月は0.81~0.37ドル安。第1段階の米中通商合意の不透明感が相場を圧迫した。ブルームバーグが関係筋の話として伝えたところによると、この合意に含まれる米国産農産物を中国が購入するには、双方が報復関税の一部を撤廃する必要があるという。米国の発表では、第1段階の合意では中国が米国産農産物の輸入規模を2年間で年間400~500億ドルに増やすことになっている。一方で、英国の欧州連合(EU)からの離脱草案が取りまとめに向かっていることは、英国や欧州の景気下振れ懸念を後退させ、相場を下支えした。英国のEU離脱担当者は新たな離脱計画をEUに提出した。早ければ現地時間の15日中に合意に至る可能性があるという。

シカゴコーン・大豆

コーンは総じて軟調。終値の前営業日比4.50~0.50セント安。中心限月の12月限は4.50セント安の393.25セント。 大豆は商いの少ない期先以外が反落。終値の前営業日比は6.50セント安~0.25セント高。中心限月の11月限は6.50セント安の934.00セント。米産地の寒波を織り込んだうえ、大豆、小麦の下落が弱材料となるなか、これに追随する売りが見られため売り優勢となった。12月限は前日の安値を下抜き392.50セントまで下落。安値からの戻りは浅く、安値に近い水準で取引を終えている。11月限は397.00セントで取引を開始した後にやや軟化し395セント台に値を落とした。その後、欧州の時間帯を迎えると買われて398.50セントまで上昇したが、高値では転売が入り394.00セントまで一気に下落。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。