朝刊:2019/11/15

本日はダウは横ばいで前日比1.6ドル安。ゴールドは続伸。オイルは反発。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は4日続伸し、前日比40銭円高・ドル安の1ドル=108円35~45銭で取引を終えた。米中の貿易協議を巡る不透明感から、リスク回避の際に買われやすい円が上昇した。ドル円を下押しする直接的な材料は見当たらないが、米中貿易協議の行方に不透明感も出る中、米国債利回りの下げが止まらず、ドル円も上値の重い展開となった模様。ただ、米株式市場は底堅い推移を続けており、リスク回避の雰囲気までは強まっていない。米国債中心に何らかの調整の動きが出ており、ドル円を圧迫しているものと見られる。ドル円は本日の下げで200日線を下放れ、21日線も割り込んだ。更に108.50円を割り込んだことで短期のロング勢が見切り売りを出した模様。引き続き市場は米中貿易協議の行方に関心が集中しており、様々な報道に神経を尖らせている。最新の報道では、米国が中国に対して年間500億ドル相当の米農産物購入について、具体的な数値目標を示すよう求めているようだ。ただ、中国側は抵抗を示している。一方、中国側は段階的な関税撤廃の確約が必要としている。トランプ大統領はそれについては何も言及していない状況。部分的合意への市場の期待感は依然として強いものの、協議の動向を見極めたい雰囲気も強まっている模様。

NYダウ

きょうのNY株式市場でダウ平均は横ばい。終値の前日比は、ダウ工業株30種平均が1.63ドル安の2万7781.96ドル、ナスダック総合指数が3.08安の8479.02、S&P500が2.59高の3096.63。引き続き米中貿易協議の行方に市場の関心が集中しており、様々な報道に神経を尖らせている。最新の報道では、米国が中国に対して年間500億ドル相当の米農産物購入について、具体的な数値目標を示すよう求めているようだが、中国側は抵抗を示している。一方、中国側は段階的な関税撤廃の確約が必要としている。トランプ大統領はそれについては何も言及していない状況。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が10.0~10.2ドル高、中心限月の12月限が10.1ドル高、銀が11.1~11.5セント高、中心限月の12月限が11.5セント高。金12月限は続伸。時間外取引では、予想以下の中国の鉱工業生産などを受けて押し目を買われた。日中取引では、米中の通商協議に対する懸念を受けて堅調となった。 米長期金利が低下し、金利が付かない資産である金の投資妙味が増すとみた買いも相場を支えた。外国為替市場でドルが主要通貨に対して売られたのも、ドルの代替投資先とされる金先物の買いにつながった。銀12月限は、金堅調やドル安を受けて買い優勢となった。ニューヨーク金12月限は続伸。時間外取引では1461.7~1471.2ドルのレンジで推移、前日比5.5ドル高の1468.8ドルとなった。12月限は、高寄りしたのち、予想以下の中国の鉱工業生産などを受けて押し目を買われた。 立会時間は、米中の通商協議に対する懸念などを背景にドル安に振れたことなどが支援要因となって上値を伸ばした。時間外取引の高値を突破すると、7日以来の高値1475.5ドルを付けた。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は反落した。WTIで期近の12月物は前日比0.35ドル安の1バレル56.77ドルで取引を終えた。米原油在庫が増え、需給の悪化懸念が相場の重荷となった。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.35~0.32ドル安。その他の限月は0.57~0.32ドル安。 米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報で原油在庫が増加したことが重しとなった。米原油生産量が前週比20万バレル増の日量1280万バレルと過去最高水準を更新したことが在庫の積み増しにつながった。米国の製油所稼働率は穏やかに上向いているものの、製油所への原油投入量は前年割れを続けている。石油製品の在庫は減少傾向だが、原油消費量は拡大していない。石油製品需要は日量2150万バレルと引き続き堅調だった。

シカゴコーン・大豆

コーンは軒並み反発。0.50~1.75セント高。中心限月の12月限は0.75セント高の375.75ント。大豆は期近の主要限月は反発。終値の前営業日比は3.50セント安~1.50セント高。中心限月の1月限は1.50セント高の916.75セント。米産地では来週半ばまで概ね降雨の発生は無く、収穫が進行する見通しになっていることが弱材料となったが、エタノール生産量が増加したにもかかわらず在庫が減少していることが強気材料となって小反発に転じた。375.25セントで取引を開始した12月限は、アジアの時間帯は376.00セントが上値抵抗となり、欧州の時間帯に入ると値位置を切り上げながらも377.25セントに達したところで戻り待ちの売りが入った。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。