朝刊:2020/01/06

年明けはダウは下がるも高値は維持。ゴールドは4か月ぶりの高値を付ける。オイルも米、イランのいざこざから大幅続伸。

NY為替

きょうのNY為替市場は再びドル売りが強まり、ドル円は一時108円を再度割り込んだ。この日発表になった12月のISM製造業景気指数が予想外の弱さだったことがドル売りを強めた模様。指数は47.2と2009年6月以来の低水準となり、予想(49.0)も下回った。市場では今年の景気の先行きに楽観的なムードが広がっているが、世界経済の減速や設備投資の低迷など米製造業に関しては懸念が依然として払拭されていない。米中は第1段階で合意の運びとなっているが、製造業のセンチメントは依然として盛り上がっていない様子。5ヵ月連続で景気判断の分岐点である50を下回った。また、きょうの市場はイラン情勢が緊迫化でリスク回避が強まっている。トランプ大統領が命じた米軍によるイラク空爆で、イランの精鋭部隊である革命防衛隊の司令官が死亡した。イランの最高指導者ハメネイ師は報復を表明しており、米国とイランの緊張が深まる恐れが出ている。

NYダウ

きょうのNY株式市場でダウ平均は反落。終値の前日比は、ダウ工業株30種平均が33.92ドル安の2万8634.88ドル、ナスダック総合指数が71.42安の9020.77、S&P500が23.00安の3234.85。イラン情勢の緊張が高まり、利益確定売りが活発化した。トランプ大統領が命じた米軍によるイラク空爆で、イランの精鋭部隊である革命防衛隊の司令官が死亡した。イランの最高指導者ハメネイ師は報復を表明しており、米国とイランの緊張が深まる恐れを懸念しているようだ。前日のダウ平均は330ドル高まで上昇するなど、今年の期待を反映し、2020年は好調なスタートを切った。しかし、昨年からの上げで高値警戒感も出ており、イラン情勢の緊迫化をきっかけに利益確定売りが出た模様。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が24.1~24.7ドル高、中心限月の2月限が24.3ドル高、銀が10.2~10.6セント高、中心限月の3月限が10.5セント高。取組高は少ないが、期中から期先限月が一代高値を更新。現物価格は1552.31ドルまで上昇し、昨年9月5日以来の高値をつけた。中東の地政学リスクが高まったのに加え、米株式相場が下落したことなどから実物資産の裏付けがある金先物への資金流入が優勢だった。金2月限は続伸。昨年9月以来の高値を更新した。米国がイラクのバグダッド国際空港を空爆し、イラン革命防衛隊の精鋭であるコッズ部隊の司令官ガセム・ソレイマニ氏を殺害したことで、米国とイランの武力衝突開始が警戒されている。イラン最高指導者のハメネイ氏は喪に服した後の報復を宣言している。在イラク米大使館は、イラクに滞在している米国民に直ちに出国するよう要請した。イラク南部のバスラからは米石油企業の従業員が出国を始めた。米国防省によると、ソレイマニ司令官はイラクや中東で米国民を攻撃する計画だったもよう。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は大幅に続伸した。WTIで期近の2月物は前日比1.87ドル高の1バレル63.05ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比1.87ドル高。その他の限月は0.46ドル安~1.84ドル高。トランプ米大統領の命令によって、イラクのバクダット国際空港に対する空爆が実行され、イラン革命防衛隊のコッズ部隊の司令官ガセム・ソレイマニが死亡したことで中東情勢の緊迫感が一気に高まった。イラン最高指導者のハメネイ氏は喪に服した後の報復を宣言している。在イラク米大使館は、イラクに滞在している米国民に直ちに出国するよう要請した。米国防省によると、ソレイマニ司令官はイラクや中東で米国民を攻撃する計画だったもよう。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報で、原油在庫が減少したことも支援要因。製油所稼働率が94.5%まで上昇し、今冬の最高水準を塗り替えた。米原油在庫は昨年10月以来の水準まで取り崩されている。米原油輸出量が日量446万2000バレルと過去最高水準を更新したことも在庫が減少した背景。

シカゴコーン・大豆

シカゴコーンは反落。終値の前営業日比は5.00~1.75セント安。3月限は前日比5.00セント安の386.50セント。 シカゴ大豆は急反落。終値の前営業日比は14.75~3.75セント安。3月限は14.75セント安の941.50セント。大豆が急反落して、小麦も下落したことで、シカゴ穀物全面安の様相となり、コーンにも売り圧力が強まった。週間輸出成約高が前週から減少したことや、アルゼンチン産地、ブラジル産地ともに生育に適した雨勝ちの天気が続く予報が出ていることも圧迫要因。また、週間エタノール生産量が前週から減少したことも弱材料視された。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。