朝刊:2020/03/04

FOMCは緊急利下げ。ダウは大幅下げ。ゴールドは大幅続伸。オイルも続伸。

NY為替

本日のNY為替市場、FRBが0.5%の緊急利下げを実施した。この日はG7の電話会議もあり、目まぐるしい展開の中、ドル円は下値模索となった。ただ、ドル円については米利下げによるドル売りというよりも、米株に歩調を合わせている。緊急利下げの発表時には、ダウ平均が利下げ発表前の300ドル安から一気に300ドル高に上昇したことから、ドル円はドル売り・円売りに挟まれ売買が交錯。円の対ユーロ相場は小幅に続落した。同10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円20~30銭だった。 しかし、緊急利下げにもかかわらず、米株が上げを維持できずに失速し、ダウ平均は一時1000ドル近く下落。米10年債も1%を割り込む場面が見られるなどリスク回避の動きは止まらず、ドル円も107円を割り込む場面が見られた。ただ、このところの急激な下げで過熱感も強まって来ており、下値では買い戻しも出る模様。 FRBは0.5%の大幅な緊急利下げを実施したが、市場では追加利下げへの期待感が根強く、FF金利先物市場では年内の追加利下げを織り込む動きが見られている。トランプ政権を始め一部からは、今月のFOMC前の緊急利下げを望む声も強かったことから、ある程度想定していた面もあり、さほどサプライズ感は強くなかったようだ。

NYダウ

米株式相場は大幅に反落した。ダウ工業株30種平均は前日比785ドル91セント(2.9%)安の2万5917ドル41セントで終えた。下げ幅は一時997ドルに広げた。米連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げを発表したが、前日に急騰した後だけに材料出尽くしの売りが強まった。終値の前日比は、ナスダック総合指数が268.08安の8684.09、S&P500が86.86安の3003.37。取引開始前にG7財務相・中銀総裁が電話会談を行った。前日はそれへの期待から買い戻しが強まっていたが、声明では特段の具体策までは示されなかったことで、米株式市場は戻り売りが優勢で始まった。ダウ平均は序盤に300ドル超下落したが、突然、FRBが0.5%の緊急利下げを発表したことで、300ドル安から300ドル高に一気に反転する場面が見られた。しかし、戻り待ちの売りが上値を抑え、上げは維持できずに失速している。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は大幅続伸。終値の前日比は、金が48.8~49.8ドル高、中心限月の4月限が49.6ドル高、銀が43.1~45.3セント高、中心限月の5月限が44.9セント高。金4月限は大幅続伸。時間外取引では、主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁の電話会議に対する期待感を受けて堅調となった。日中取引では、米連邦準備理事会 (FRB)の緊急利下げを受けて急伸した。銀5月限は金堅調や米連邦準備理事会(FRB)の緊急利下げを受けて買い優勢となった。 ニューヨーク金4月限は大幅続伸。時間外取引では1585.9~1606.6ドルのレンジで推移、前日比8.5ドル高の1603.3ドルとなった。4月限は、安寄りしたのち、主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁の電話会議に対する期待感を受けて押し目を買われた。

NY原油

NYMEXで原油先物相場が続伸した。WTIで期近の4月物は前日比0.43ドル高の1バレル47.18ドルで終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比0.41~0.43ドル高。その他の限月は0.13~0.40ドル高。石油輸出国機構(OPEC)を中心とした産油国で構成するOPECプラスの共同技術委員会(JTC)が、日量60~100万バレルの追加減産を提案したと伝わったことや、緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.50%の追加利下げが決まったことが相場を支援した。ただ、上値は重く、引けにかけては上げ幅を削った。

シカゴコーン・大豆

コーンは総じて続伸。終値の前営業日比は0.75~7.00セント高。期近5月限は前日比5.75セント高の381.25セント。大豆は期近の中心限月が続伸。終値の前営業日比は1.00セント安~2.75セント高。中心限月の5月限は前日比2.50セント高の903.50セント。 米連邦準備理事会(FRB)の緊急利下げと景気刺激策が実施されたことによる需要の拡大期待が買いを支援した。5月限はこの日、前日の帳入値を上回る水準で寄り付いた後、大きく値を崩さず2月21日以来の水準まで上昇。高値からは放れたが、終値でも380セントを維持して堅調地合いを維持して終了。コロナウイルス懸念で値を崩す以前に形成していたもちあい圏に復帰して終えた。 376.50セントで取引を開始した5月限はアジアの時間帯は377.25セントを上値抵抗線にする頭重い足取りとなったが、アジアに続いて欧州株式市場が堅調な足取りを演じるなか、買いの手が膨らんで値位置を切り上げた。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。