朝刊:2020/07/15

ドル高をうけてゴールドは安い。ダウは大幅反発。オイルは反発。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は小反発し、前日比05銭円高・ドル安の1ドル=107円20~30銭で取引を終えた。ロンドン時間には107.40円付近まで上昇していたものの、NY時間に入ってその動きは一服している格好。先行きへのリスクを巡って為替市場は株にらみの展開が見られているが、米株が底堅く推移し、ダウ平均の上げ幅が一時600ドル超上昇したことが、リスク選好のドル売りを誘っている模様。感染第2波への懸念が依然として根強く、期待通りの回復を示すか先行きへの不安が高まりつつあるようだ。また、前日伝わった南シナ海における中国に対するポンペオ国務長官の発言で、米中対立への懸念もそれに加わっている。長官は「南シナ海の大部分にわたる海洋資源に対する中国の主張は完全な不法行為だ」と述べていた。米中貿易合意の履行への懸念も高まっている模様。しかし、各国政府による大胆な財政刺激策や金融緩和策を支えに、ワクチン開発への期待もあり、市場は依然として楽観的だ。ただ、ドル円は107円台での膠着相場に終始。先週は106円台に下落し、下値警戒感を高めていたが、結局、元の位置に戻している。もっとも、上値を追う雰囲気まではなく、あくまで、107円のレンジに戻しただけであり、次の展開待ちの雰囲気に変化はない。ユーロドルは買いが優勢となり、先月10日以来の1.14ドル台を一時回復。先月10日の高値は1.1420ドル付近だが、その水準が目先の上値メドとして意識される。

NYダウ

米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸した。前日比556ドル79セント(2.1%)高の2万6642ドル59セントで終えた。上げ幅は一時600ドルを超えた。終値はナスダック総合指数が97.73高の1万0488.58、S&P500が42.30高の3197.52。感染第2波への懸念は根強く、期待通りの回復を示すか先行きへの不安が高まって来ている。きょうは前日伝わった南シナ海における中国に対するポンペオ国務長官の発言で米中対立への懸念もそれに加わっている。長官は「南シナ海の大部分にわたる海洋資源に対する中国の主張は完全な不法行為だ」と述べていた。米中貿易合意の履行への懸念も高まっているようだ。しかし、各国政府による大胆な財政刺激策や金融緩和策を支えに、ワクチン開発への期待もあり、市場は依然として楽観的だ。この日は大手銀の4-6月期決算が発表になっていたが、大幅な増収減益となった。市場の回復でトレーディング収益は予想を上回る大幅な増収となっていたものの、貸倒引当金を積み増したことから、純利益は大幅な減益となった。銀行株の反応はまちまち。JPモルガンは上昇しているものの、シティグループは下落。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は反落。終値の前日比は、金が2.4~0.4ドル安、中心限月の8月限が0.7ドル安、銀が30.6~25.6セント安、中心限月の9月限が25.8セント安。金8月限は反落。時間外取引では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリスク回避のドル高となったことから軟調となった。日中取引では、景気回復期待から株高に振れ、ドル安に転じたことから下げ一服となった。米株高で投資家が運用リスクを回避する姿勢をやや弱め、相対的に安全資産とされる金先物は売りが優勢だった。銀9月限は金軟調につれ安となったのち、リスク選好のドル安を受けて下げ一服となった。ニューヨーク金8月限は反落。時間外取引では1791.1~1805.9ドルのレンジで推移、前日比10.6ドル安の1803.5ドルとなった。8月限は、安寄りしたのち、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリスク回避のドル高となったことが圧迫要因になった。欧州時間に入ると、押し目を買われる場面も見られたが、ドル高を受けて戻りを売られて一段安となった。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は小幅に反発した。WTIで期近の8月物は前日比0.19ドル(0.5%)高の1バレル40.29ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比0.19~0.23ドル高。その他の限月は0.05~0.28ドル高。石油輸出国機構(OPEC)加盟国を中心とした産油国の6月の減産遵守率が107%と伝わったことが好感された。8月からOPECプラスはコロナショックを緩和するために導入した減産目標を縮小する見通しだが、需要の回復もあって供給過剰懸念は高まっていない。OPEC月報で、2020年の需要見通しが日量9072万バレルまで上方修正されたほか、2021年の需要が前年比700万バレル増の9772万バレルと見通されたことも相場を支援した。OPECは今回の月報で初めて21年の需要見通しを示した。5月の経済協力開発機構(OECD)加盟国の商業在庫は前月比2990万バレル増と3カ月連続で増加したが、減産や需要回復で増加幅は鈍化した。ロイター通信の算出によると、6月の中国の原油輸入量が日量1290万バレルまで増加し、過去最高を更新したことも支援要因。中国は世界最大の原油輸入国。ただ、ウイグル人や香港市民の人権問題を巡って、中国と西側諸国の対立が強まりつつあり、中国の景気見通しは不透明。トランプ米大統領は中国に対する対抗措置をこの後発表するもよう。ブルームバーグが関係筋の話として伝えている。

シカゴコーン・大豆

コーンは概ね続落。終値の前営業日比は3.00セント安~0.75セント高。当限と先限のみ小幅高となった。中心限月の期近9月限は2.75セント安の326.00セント。大豆は反発。終値の前営業日比は変わらず~5.75セント高。中心限月の期近11月限は2.25セント高の877.50セント。前日のシカゴ日中取引終了後に発表された米農務省(USDA)作柄報告では良以上の割合が引き下げられたものの、米コーンベルトでは今週いっぱい雨がちな天気が続き気温も平年並程度になるとの予測を受けて作柄改善観測が強まったことが弱材料となった。USDAは1日の成約量としては過去最大となる中国向けの大口成約を報告しているが、市場の反応は乏しかった。9月限は、329.25セントで取引を開始した後のアジアの時間帯は327.50~329.00セントの限られたレンジ内で高下。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。