朝刊:2020/09/23

国内連休明けは貴金属、株式ともに安く始まるか。為替は104円台後半。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は小幅続落した。前日比30銭円安・ドル高の1ドル=104円90銭~105円00銭で取引を終えた。米株式市場は下げが一服していたものの、依然として上値に慎重な動きが見られている。米国でのウイルス感染も再拡大の動きを見せ始めている中で、米国での死亡者数が20万人を超えている。市場では景気の先行きへの不透明感も強まっており、為替市場はリスク回避のドル買い戻しが見られているようだ。米大統領選に向けた政治的不透明感や、追加経済対策も依然として協議が難航する中で、市場のリスク許容度は高まっていない。そのような中で、エバンス・シカゴ連銀総裁が「インフレが平均2%に到達する前でも利上げは可能」との発言にも敏感に反応し、ドル買いの反応を見せていた。なお、きょうはパウエルFRB議長とムニューシン米財務長官が下院で議会証言を行っていたが、反応は限定的だった。前日のドル円は104円ちょうど付近まで下落していたが、103円台に下落することなく反転した。104円台後半まで買い戻されていたが、105円台には慎重な動きを見せる中で、本日は104.40円近辺まで値を落としていた。ただ、103円台を試す気配も一方でなく、下値の底堅さも見られている。そのような中で、ドル円は再び買い戻しを誘い、105円台まで戻している。ただ、105円台に入ると戻り売りも活発に出ている。明日は東京勢が連続休暇から復帰することもあり、それに備えた動きも出ていたようだ。

NYダウ

米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比140ドル高の2万7288ドルで終えた。アマゾン・ドット・コムやアップルなど大型ハイテク株が相場の反発を主導した。前日の急落もありIT・ハイテク株中心に買い戻しが先行し、ダウ平均も反発して始まった。ただ、上値に慎重さも見られる中、買い一巡後は戻り売りが優勢となり、ダウ平均は下げに転じていた。銀行や産業、エネルギー株が軟調。感染が再度拡大を見せ始める中で、先行き不透明感も台頭している。米大統領選に向けた政治的不透明感や、追加経済対策も依然として協議が難航する中で、市場のリスク許容度は高まらず、上値に慎重な雰囲気が続いている。そのような中で、エバンス・シカゴ連銀総裁が「インフレが平均2%に到達する前でも利上げは可能」との発言に敏感に反応する場面も見られた。ただ、午後になると押し目買いが次第に優勢となり、ダウ平均はプラスに転じている。なお、パウエルFRB議長とムニューシン米財務長官が下院での議会証言を行っているが、反応は限定的だった。ダウ採用銘柄ではマイクロソフト、アップル、アムジェンが上昇したほか、ナイキやディズニーもプラスに転じた。ビザ、P&Gも上昇。一方、JPモルガン、ゴールドマンが下落しているほか、シェブロン、ユナイテッド・ヘルスが軟調。

NY貴金属

ニューヨーク金は続落、銀は反発。終値の前日比は、金が3.0~2.5ドル安、中心限月の12月限が3.0ドル安、銀が12.5~14.3セント高、中心限月の12月限が13.6セント高。金12月限は続落。時間外取引では、押し目を買われる場面も見られたが、ユーロの上値の重さなどを受けて戻りを売られて軟調となった。欧州時間は英国が新型コロナウイルス対策で新たな制限措置を導入し、ポンド安となったことが圧迫要因になった。日中取引では、米連邦準備理事会(FRB)の低金利長期化見通しを受けて押し目を買われたが、ドル高に上値を抑えられた。外国為替市場でドルが対主要通貨で上昇し、ドルの代替投資先とされる金が売られた。銀12月限はドル高となったが、前日の急落に対する反動で小幅高となった。ニューヨーク金12月限は続落。時間外取引では1898.9~1925.5ドルのレンジで推移、前日比変わらずの1910.6ドルとなった。12月限は、高寄りしたのち、押し目を買われたが、ドル高に対する懸念に上値を抑えられた。欧州時間は英国が新型コロナウイルス対策で新たな制限措置を導入し、ポンド安となったことが圧迫要因になった。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は反発した。WTIで、期近の10月物は前日比0.29ドル(0.7%)高の1バレル39.60ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比0.26~0.29ドル高。その他の限月は0.01~0.24ドル高。英国やフランス、スペインなど欧州の一部の国が新型コロナウイルスの流行の第2波に見舞われており、回復している石油需要の減速が警戒されているものの、懸念は一方的に高まっていない。フランスのリヨンではイベントの人数制限が強化されたほか、スペインの一部では都市封鎖が再導入されたが、感染が拡大を続けても限定的な制限にとどまるとみられている。石油需要の回復見通しは腰折れしていない。主要な米株価指数が反発したことは支援要因。週明けにかけての売りは続かず、S&P500は約1%の上げとなった。米国でも新型コロナウイルスの新規感染者数が再び上向く兆候があるが、あまり警戒されていない。

シカゴコーン・大豆

コーンは期近が小幅続落。終値の前営業日比は0.50セント安~0.50セント高。中心限月の12月限は0.50セント安の369.25セント。大豆は続落。終値の前営業日比は8.00~1.50セント安。中心限月の11月限は2.75セント安の1019.75セント。米産地では収穫日和の天気が続いていることで、ハーベストプレッシャー(収穫期の売り圧力)が強まった。また、前日の日中取引終了後に発表されたUSDA作柄報告で、コーンの作柄が前週よりも1%引き上げられていたことも弱材料視された。ただ一時は16日以来の安値まで値を落としたが、大口成約が発表されたことで安値を拾われ下げ幅は限定された。12月限は369.75セントで取引を開始した後に買われて372セントまで上昇したが、戻り頭は売り直され、その後は370セントを挟んで狭いレンジ内で高下。アジアの次官を終える頃に値を落とし365.75セントの安値を付けたが、欧州の時間帯に買い戻された。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。