朝刊:2020/09/29

ダウは大幅続伸。ゴールドも大幅反発。オイルは期近は反発。ドル円は行って来いで105円台半ばで推移。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は横ばいとなり、前週末と同じ1ドル=105円50~60銭で取引を終えた。米株式市場はきょうも大幅高となるなどリスク選好の雰囲気が強まった。そのような中で、為替市場はリスク選好のドル売りが優勢となっているものの、一方で円売りもあり、ドル円は105円台に収まっている状況。市場の雰囲気が改善する具体的な材料は見当たらないが、先週のナスダックは4週間ぶりに週足で陽線を描いた。金曜日のダウ平均も序盤は軟調に始まったものの、引けにかけて上げ幅を広げる展開で終わっている。市場は、今月に入ってからの下げはあくまで調整と見ている向きが多い。月末も接近しており、そろそろ調整も一段落するのではとの期待が出ていたのかもしれない。日本時間0時のロンドンフィキシングにかけて、ドル買いの動きが見られ、ドル円は105.65円近辺まで戻したものの、フィキシングを通過するとその動きも一服していた。東京時間の早朝に105.70円近辺まで上昇して今週は始まったものの、その後に105円台前半まで一時下落するなど、ドル円は上値の重い展開もみられた。心理的節目の105円は維持しているものの、米大統領選や英EU離脱など年末にかけて不安要素も多い中で、ドル円には弱気な見方も多く、上値では戻り売りを推奨する声も少なくない。

NYダウ

米株式相場は3日続伸。ダウ工業株30種平均は前週末比410ドル10セント(1.5%)高の2万7584ドル06セントで終えた。終値は、ナスダック総合指数が203.97高の1万1117.53、S&P500が53.14高の3351.60。先週末の流れを引き継いで、IT・ハイテク株中心に買い戻しが優勢となっている。特段の買い材料は見当たらないが、先週のナスダックは4週間ぶりに週足で陽線を描いた。金曜日のダウ平均も序盤は軟調に始まったものの、引けにかけて上げ幅を広げる展開で終わっている。市場は、今月に入ってからの下げはあくまで調整と見ている向きが多い。月末も接近しており、そろそろ調整も一段落するのではとの期待が出ているのかもしれない。大統領選前の追加経済対策への期待も買いを誘っているとの指摘も聞かれる。ペロシ下院議長(民主党)は、追加経済対策の成立は可能だと述べていた。ムニューシン米財務長官もペロシ議長が交渉再開に同意したと述べている。下院民主党は約2.4兆ドル規模の対策を主張しているものの、より規模を縮小した支援策での譲歩を模索している。これらの動きに市場では、11月3日の大統領選前の成立への期待感を高めている模様。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は反発。終値の前日比は、金が15.0~16.3ドル高、中心限月の12月限が16.0ドル高、銀が43.6~51.1セント高、中心限月の12月限が51.1セント高。金12月限は反発。時間外取引では、欧州の新型コロナウイルス感染の第2波に対する懸念が残るなか、ユーロの戻りが売られたことを受けて軟調となった。日中取引では、IT・ハイテク株が買い戻され、リスク選好のドル安となったことを受けて地合いを引き締めた。時間外取引の高値を突破すると、テクニカル要因の買いが入って上値を伸ばした。ドルの代替投資先である金に資金が流入した。29日の米大統領候補討論会や10月2日の米雇用統計発表などを控え、リスク回避目的の金買いも入った。銀12月限は、日中取引のドル安や金堅調を受けて買い優勢となった。ニューヨーク金12月限は反発。時間外取引では1851.1~1869.4ドルのレンジで推移、前日比2.5ドル高の1868.8ドルとなった。12月限は、安寄りしたのち、押し目を買われる場面も見られたが、ユーロの戻りが売られたことを受けて軟調となった。英国が感染抑制策の強化を検討し、欧州の新型コロナウイルス感染の第2波に対する懸念が残った。ただ欧州時間に入ると、ユーロの下げ一服を受けて地合いを引き締めた。

NY原油

NYMEXで原油先物相場が反発した。WTIで期近の11月物は前週末比0.35ドル(0.9%)高の1バレル40.60ドルで終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比0.35~0.36ドル高。その他の限月は0.11ドル安~0.37ドル高。米景気対策の成立期待がやや高まったことが相場を押し上げた。コロナショック後の追加景気刺激策について民主党と共和党の溝は深く、協議は難航しているものの、週末に民主党のペロシ下院議長がムニューシン米財務長官と追加対策で合意できる可能性はあるとの見方を示したことが相場を押し上げた。米金融当局者は景気回復のために追加の財政支援が必要であると繰り返しており、景気対策が待ち望まれている。週明けにはメスター米クリーブランド総裁が「米経済はなお深い穴に陥っている」、「追加の財政支援策が必要」と述べた。主要国の中銀による大規模な金融緩和を背景とした過剰流動性相場が続くなか、米株式市場に調整一巡の兆しがあることもリスク資産の一角である原油を押し上げた。主要な米株価指数は9月初めから調整売りが優勢だったが、先週で売りが一巡した後は切り返しつつある。

シカゴコーン・大豆

コーンは総じて続伸。終値の前営業日比は0.25セント安~2.50セント高。中心限月の12月限は1.50セント高の366.75セント。大豆は揃って反落。終値の前営業日比は6.50~1.75セント安。中心限月の期近11月限は6.25セント安の996.25セント。この日の12月の取引レンジは24、25日の取引レンジを包み込むほどに拡大。米産地での収穫進行に伴いハーベストプレッシャー(収穫期の売り圧力)が高まるなか下押される場面が見られたものの、米農務省(USDA)が大口成約を発表したことで地合いが転じ、一気に23日以来の水準まで上昇した。ただ、月末には四半期在庫報告の発表を控えていることで玉整理基調が強まり上げ幅を縮小している。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。