朝刊:2020/10/21

コロナ第二波拡大懸念されるもダウは反発。ゴールドは続伸。オイルも反発。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場で円相場は下落し、前日比10銭円安・ドル高の1ドル=105円45~55銭で取引を終えた。きょうのドル円は一時105.75円付近まで上昇し、ここ数日、上値抵抗となっていた105.50円の水準を上抜いていた。テクニカル的には上値期待を高めそうな展開となったものの、一方で信頼感はないとの声も多く聞かれた。為替市場はドル売り基調が続く中で、ドル円の上値には限界があるとの指摘も少なくない。市場は米追加経済対策の協議の行方に関心が集中しており、本日はペロシ米下院議長が協議の期限として設定した20日となっているが、ムニューシン米財務長官とペロシ議長との会談まちの雰囲気が強い。もともと市場は、米大統領選前の合意は期待していなかった。双方が再び協議に戻ったことで、関心を集めており、合意できればポジティブ・サプライズになるであろうが、あまり期待はしていないものと思われる。ただ、米大統領選前に合意できなくても、その後にそれなりの対策規模で合意されるものと期待しており、今回は市場も過度に期待はしていないものと見られる。ユーロドルは買いが強まり、1.18ドル台を回復。一時1.1840ドル近辺まで上昇し、21日線を上放れる展開を強めた。大きな心理的節目で、ECBも注目しているとされる1.20ドルを再び試しそうな気配も出ている。ただ、あくまでドル売りに伴う上げでユーロ自体の強さではなく、欧州で感染第2波が拡大する中、ユーロ圏は景気後退のリスクにさらされているとの指摘も聞かれる。

NYダウ

米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比113ドル37セント(0.4%)高の2万8308ドル79セントで終えた。終値はナスダック総合指数が37.61高の1万1516.50、S&P500が16.20高の3443.12。米追加経済対策への期待感から買いが優勢となり指数を押し上げた。市場は米追加経済対策の協議の行方に関心が集中している。ペロシ米下院議長が協議の期限を本日20日に設定している。特に報道も伝わっておらず、ムニューシン米財務長官とペロシ議長との会談まちといった雰囲気だった。途中、ペロシ下院議長の発言が伝わり、市場が敏感に反応している。議長は「みんなが合意を望んでいる。合意に楽観的で、経済には必要」と述べたことで、ダウ平均の上げ幅は一時300ドル超となったものの、終盤に伸び悩んでいる。もともと市場は米大統領選前の合意は期待していなかった。双方が再び協議に戻ったことで関心を集め、合意できればポジティブ・サプライズになるであろうが、あまり期待はしていないとも思われる。ただ、米大統領選前に合意できなくても、その後にそれなりの規模で合意されると期待しており、今回は市場も過度に期待はしていないものと見られる。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は続伸。終値の前日比は、金が3.3~4.0ドル高、中心限月の12月限が3.7ドル高、銀が27.6~28.8セント高、中心限月の12月限が28.2セント高。 金12月限は続伸。時間外取引では、米国の追加経済対策の協議難航に対する懸念から軟調となる場面も見られたが、株高などを背景に押し目を買われた。日中取引では、ドル安や株高を受けて堅調となった。外国為替市場で主要通貨に対してドル安が進み、ドルと逆の動きになりやすい金先物には買いが入った。銀12月限は金の押し目が買われたことや、ドル安・株高を受けて買い優勢となった。ニューヨーク金12月限は続伸。時間外取引では1896.6~1911.4ドルのレンジで推移、前日比3.8ドル安の1907.9ドルとなった。12月限は、安寄りしたのち、米国の追加経済対策の協議難航に対する懸念から軟調となった。その後は、株高などを背景に押し目を買われると、欧州時間のドル安を受けて地合いを引き締めた。日中取引は、戻りを売られ、1899.8ドルまで下落した。その後は、ドル安・株高を受けて地合いを引き締めると、時間外取引の高値を突破し、1917.6ドルまで上昇した。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は4営業日ぶりに反発した。WTIで期近の11月物は前日比0.63ドル(1.5%)高の1バレル41.46ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比0.63~0.64ドル高。その他の限月は0.40~0.63ドル高。米国の追加景気対策の合意期待が高まったことが相場を押し上げた。民主党のペロシ下院議長がホワイトハウスとの協議が進展していると述べたほか、今後についても楽観的であると語った。トランプ米大統領は民主党が要求している2.2兆ドル規模以上の法案を受け入れる考えであると表明し、包括的な法案を拒否し、小規模な対策を支持している共和党からの賛同を得る考えであると述べた。コロナショック後の米経済は回復軌道にあるものの、回復ペースは遅く、追加の景気支援策を望む声は根強い。米ジョンズ・ホプキンス大学の調査によると、全世界の一日あたりの感染者数は44万人近くまで膨らみ、過去最多を更新した。ロシア、スペイン、フランス、ドイツ、イタリア、英国で感染者数が急拡大する傾向にある。スイス製薬大手ロシュのシュバンCEOは、年内にワクチンが広く行き渡ると考えるのは非現実的であると指摘した。現実的に入手可能となるのは来年後半であるとの見通しを示している。ロシアのノバク・エネルギー相は、従来の合意に沿って来年から減産規模を縮小することを支持している一方、関係筋の話としてロシアは減産継続を支持する可能性があると伝わった。新型肺炎が再流行しており、ロシアは現行の生産水準を維持することに同意する余地があるという。

シカゴコーン・大豆

コーンも総じて続伸。終値の前営業日比は0.75~3.50セント高。中心限月の期近12月限は3.50セント高の408.75セント。大豆は揃って続伸。終値の前営業日比は、5.25~11.25セント高。中心限月の期近11月限は9.75セント高の1064.00セント。好調な米国のコーン輸出や中国の大連商品交易所におけるコーン価格の強気な足取り、アルゼンチン産地での土壌水分の乾燥懸念が強気材料視されるなか、買い優勢で運ばれた。一時は410セントに迫る動きを見せたが、米産地での収穫進行が重石となり上げ幅は抑えられた。404.25セントで取引を開始した後は欧州の時間帯にかけて値位置を切り上げて407セント台に達するも、その後は軟化。前日の高値を上抜いたことで転売の動きが広がったことが背景となり、一時は403セント台まで値を落とした。ただ、その後、シカゴの時間帯を迎えるとアルゼンチン産地の乾燥を手掛かりにした買いの手が膨らんで地合いを引き締め406セント台に浮上。しばらくは408セントを上値抵抗にしてのもちあいとなったが、408セントを超えたことで売り方の買戻しが膨らみ引け前に409.75セントの高値まで上昇。高値圏を位置して取引を終えた。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。