朝刊:2020/11/26

ダウは小休止で3万ドル割れ。ゴールドは小反発。オイルは期近は続伸。104円台半ばで推移。

NY為替

ニューヨーク為替市場でドル円は戻り売りが優勢となっており104円台前半まで一時下落。今週のドル円は週初に突如買い戻しが強まり104円台を回復した。前日は株高・円安のフォローもあり104.75円近辺まで上昇したが、そこで上値を止められている。心理的節目の105円台回復を試す雰囲気までは無いようで、きょうは戻り売りが出ている状況。今週の動きは明日からの感謝祭休暇を前にしたポジション調整との見方が多い。市場ではドル安観測が根強い中で、ドル買いのフォローがなく、株高・円安だけではドル円の上値には限界があると見ているのかもしれない。午後に11月開催分のFOMC議事録が公表された。「現行の購入ペースを直ちに変更する必要はない」としたものの、「状況は変更を正当化する可能性」にも言及している。また、債券購入のガイダンス強化の必要性にも言及している。ただ、市場が注目していた12月FOMCのヒントについては示されなったとの印象だ。市場の一部からは12月は債券購入のガイダンスを示すのみで、具体的な変更は来年以降との見方も出ているようだ。為替市場の反応は限定的だった。ユーロドルは1.19ドル付近の狭い範囲での値動きとなっている。明日からの米感謝祭休暇を前に模様眺めの雰囲気が強まっている模様。ただ、底堅さは堅持している。一部からは、明日からの米感謝祭休暇で市場参加者が少なくなることが予想される中、休暇中にユーロドルはボラティリティが高まる可能性も警戒されるとの声も聞かれる。

NYダウ

米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落した。前日比173ドル77セント(0.6%)安の2万9872ドル47セントで終えた。終値はナスダック総合指数が57.62高の1万2094.40、S&P500が5.76安の3629.65。前日は初の3万ドルの大台に乗せたが、きょうは感謝祭休暇前といこともあり上げが一服した。朝方発表になった米新規失業保険申請件数が予想を上回り、雇用の回復の鈍さを示したことも利益確定売りを誘った模様。雇用についてはまだ財政支援が必要と思われるが、それについては1月20日のバイデン氏の大統領就任以降と見られており、しばらく労働市場の勢いは鈍化も警戒されている。足元の感染は拡大が続いており、NY州では新規感染者数が初めて6000人を超えている。株式市場は目先の景気回復への不安とワクチン開発との綱引きの中にある。ただ、来年の米株への期待は高いようで、通信社のアンケート調査では来年のS&P500は9%の上昇が見込まれるという。午後に11月開催分のFOMC議事録が公表された。「現行の購入ペースを直ちに変更する必要はない」としたものの、「状況は変更を正当化する可能性」とも言及。また、債券購入のガイダンス強化の必要性にも言及した。ただ、市場が注目していた12月FOMCのヒントについては明確には示されなったとの印象。市場の一部からは12月は債券購入のガイダンスを示すのみで、具体的な変更は来年以降との見方も出ているようだ。なお、株式市場の反応は限定的だった。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は総じて小反発。終値の前日比は、金が1.5ドル安~0.9ドル高、中心限月の2月限が0.3ドル高、銀が3.0~6.4セント高、中心限月の3月限が3.6セント高。金2月限は小反発。時間外取引では、戻りを売られる場面も見られたが、ドル高一服を受けて下げ一服となった。日中取引では、米労働市場の回復の鈍さを受けて株安となったことが支援要因になったが、上値は限られた。1800ドルを下回る場面で、押し目買いが優勢になった。銀3月限はドル高一服や金堅調を受けて買い優勢となった。ニューヨーク金2月限は小反発。時間外取引では1804.7~1819.1ドルのレンジで推移、前日比6.2ドル高の1817.1ドルとなった。2月限は、高寄りしたのち、戻りを売られる場面も見られたが、ドル高一服を受けて下げ一服となった。日中取引は、株安などを受けて堅調となり、1821.7ドルまで上昇した。その後は、ドル安が一服したことに上値を抑えられた。

NY原油

NYMEXで原油先物相場は4日続伸した。WTIで期近の1月物は前日比0.80ドル(1.8%)高の1バレル45.71ドルで取引を終えた。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が前日比0.80ドル高。その他の限月は0.64~0.90ドル高。米国や英国で新型コロナウイルスのワクチン接種が近々始まる見通しで、感染拡大が十分に抑制され経済活動が正常化することが期待されている。米ジョンズ・ホプキンス大学の調査によると、世界的に新型肺炎の感染者数は拡大傾向にあるほか、一日あたりの死者数も過去最多を更新しており、ワクチンの摂取開始が急務となっている。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報で原油在庫が減少したことは支援要因。原油消費量が上向いており、製油所稼働率は78.7%まで増加した。ただ、石油製品需要は前週比・日量40万8000バレル減の日量1915万6000バレルと、回復は一巡している。季節的な要因や新型肺炎の再流行でガソリン需要が低調。来週の主要産油国の会合で来年から日量200万バレルの増産が見送られる可能性が高いことは相場を下支え。30日に石油輸出国機構(OPEC)総会、1日にOPECプラスの総会が行われる。時間外取引から1月限は堅調。通常取引開始後は46.26ドルまで上値を伸ばし、3月以来の高値を更新した。改質ガソリンとヒーティングオイルは続伸。新型肺炎のワクチン接種が始まった後、石油製品需要が本格的に回復することが期待されている。

シカゴコーン・大豆

コーンは総じて続落。終値の前営業日比は5.75セント安~0.50セント高。中心限月の期近12月限は5.75セント安の420.00セント。大豆は総じて軟調。終値の前営業日比は、8.00~4.75セント安。中心限月の期近1月限は7.25セント安の1184.00セント。サンクスギビングデーの休場前の玉整理基調のなか、前日に続き連日一代の高値を更新した後の転売が広がり売り方優勢となった。ただ、南米諸国では降雨が局地的なものにとどまり、生育リスクが残っていることが価格を支援要因となった。なお、場中に発表されたエタノール生産は前週比で増産となったものの、在庫も減少していたことに相殺されており、市場の反応は乏しかった。この日12月限は引けにかけて値位置を切り下げる足取りを展開。取引開始直後のアジアの時間帯の序盤には前日の高値を上抜いて427.50セントの高値を記録するなど、強い足取りで運ばれていたが、緩やかに値位置を切り下げる足取りを展開。欧州の時間帯は424セントを下値支持線として意識する足取りだったが、シカゴの時間帯を迎えるとこれを割り込んで420セント前後まで下落。休日前の玉整理に伴う転売が広がったことで値位置を切り下げた。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。