バックナンバー2021

朝夕刊
1月
2月
3月
Winner's_door
1月
2月

朝刊:2021/01/26

ダウは三日続落。ゴールドは小幅安。オイルは反発。ドル円は103円後半で推移。

NY為替

ニューヨーク外国為替市場でドル円は103円台後半での振幅が続いた。本日のレンジは27銭程度。全体的にはドル買いの動きが優勢となっているものの、一方で円高の動きもみられ相殺されているようだ。米国債利回り低下や、米株は利益確定売りが強まり、市場にはリスク回避の雰囲気が広がった。バイデン大統領の1.9兆ドル規模の追加経済対策への期待は根強いものの、議会の一部からは反対の意見も多く聞かれ、大統領の意向通りに成立するか疑問視されている。また、成立も遅れるのではとの見方も浮上しているようだ。一方、ワクチン拡大の不安も出始めている。米感染研のファウチ所長が「1回目と2回目の間隔を広げて、より多くの人に接種する計画はリスクが生じる懸念がある」と述べたことを市場は注目していた模様。リスク回避のドル高・円高の中で、明日からFOMCが控えていることもあり、ドル円は膠着感を強めていた。下値は103.60円近辺に21日線が来ており、上値は104円台前半に強い抵抗が観測されている。これらの水準が目先のメドとして意識される。ユーロドルは売りが優勢となり、1.21ドル台前半まで下落する場面もみられた。21日線の下での推移が続いており、調整の動きは継続している。本日の21日線は1.2195ドル付近に来ている。ECBは先週のパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の結果を公表していたが、先週の購入額は132億ユーロと前週の182億ユーロから購入額を減らしていた。イタリアに総選挙の可能性が高まった中でのECBの行動に一部からは注目が集まっていたが、ECBはドイツ国債とイタリア債の利回り格差を細かくは管理していなかったことが示唆されている。ただ、データは水曜日時点までの1週間のデータで、両国債の利回り格差が急拡大した木曜日以降の動きは含まれておらず、過剰に解釈すべきではないとの指摘も出ている。

NYダウ

米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前週末比36ドル98セント(0.1%)安の3万0960ドル00セントで終えた。終値はナスダック総合指数が92.93高の1万3635.99、S&P500が13.89高の3855.36。今週は主要企業の決算発表が目白押しの中、利益確定売りが優勢となっている。ダウ平均は寄り付きから下げて始まり、一時432ドル安まで下げ幅を拡大する場面もみられた。ただ、その後は押し目買いも入り下げ渋った。バイデン大統領の1.9兆ドル規模の追加経済対策への期待は根強いものの、議会の一部からは反対の意見も多く聞かれ、大統領の意向通りに成立するか疑問視されている。成立自体も遅れるのではとの見方も浮上しているようだ。一方、ワクチン拡大への不安も出始めている。米感染研のファウチ所長が「1回目と2回目の間隔を広げて、より多くの人に接種する計画はリスクが生じる懸念がある」と述べたことを市場は注目した模様。市場からは米株式市場の一角にフロス(細かなバブル)が泡立つ兆しが見えているとの指摘が出ていた。極めて高成長で高倍率の株式に泡立ちの様相があることや、特別買収目的会社(SPAC)のブームは米株の持続不可能な行き過ぎの兆候の1つだという。一方、米国債利回りや企業の信用、現金を考慮すると、株価指数は過去の平均的バリュエーションを下回る水準で推移しているとも述べている。

NY貴金属

ニューヨーク金、銀は続落。終値の前日比は、金が1.0~0.6ドル安、中心限月の4月限が0.9ドル安、銀が7.2~6.7セント安、中心限月の3月限が7.2セント安。金4月限は続落。時間外取引では、リスク回避の動きが警戒されるなか、手じまい売りなどが出て軟調となった。欧州時間に入ると、独IFO業況指数の低下を受けて押し目を買われた。日中取引では、買い優勢で始まったが、リスク回避のドル高を受けて戻りを売られて軟調となった。ドルの代替投資先とされる金から資金が流出した。もっとも、米長期金利の低下で金利の付かない金の投資妙味が増したとみた買いも入り、下値は堅かった。銀3月限は金の戻りが売られたことやリスク回避のドル高を受けて売り優勢となった。ニューヨーク金4月限は続落。時間外取引では1853.5~1869.1ドルのレンジで推移、前日比6.0ドル高の1865.9ドルとなった。4月限は安寄りしたのち、リスク回避の動きが警戒されるなか、手じまい売りなどが出て軟調となった。欧州時間に入ると、独IFO業況指数の低下を受けて押し目を買われた。日中取引は、買い優勢で始まり、1870.9ドルまで上昇した。その後は、リスク回避のドル高を受けて戻りを売られた。時間外取引の安値を割り込むと、1850.0ドルまで下落した。

NY原油

NYMEXで原油先物相場が反発した。WTIで期近の3月物は前週末比0.50ドル(1.0%)高の1バレル52.77ドルで終えた。終値の前営業日比は、期近2限月が前日比0.48~0.50ドル高。その他の限月は0.35~0.46ドル高。イラクが減産計画を明らかにしたことに加えて、リビアで給料の未払い問題から石油輸出港が閉鎖されて供給が停止したことで、供給懸念が浮上した。一方で世界的な新型コロナウイルス感染拡大の深刻化に対する懸念も根強く、ダウ平均株価や欧州株が軟調だったことで上値も抑えられた。3月限は、アジアの時間帯の時間外取引では52ドル台前半で比較的小幅なもみ合いが続いていたが、欧州の時間帯に入ると、このレンジを上抜いて後半にこの日の高値となる52.88ドルを付けた。その後米国の時間帯に入ると急落して、中盤にこの日の安値となる51.82ドルを付けた。ただ後半は再び大きく戻して、52.70ドル台まで切り返した。ただ、欧州の時間帯に付けたこの日の高値には届かなかった。エネルギー調査会社、リスタッド・エナジーによると、イラクは2020年の生産枠を超えた過剰生産の埋め合わせに、1~2月の原油生産量を日量360万バレルまで減産する計画だという。石油輸出国機構(OPEC)プラスの合意による同国の現在の生産枠は同386万バレルなので、同26万バレルのさらなる減産となる。

シカゴコーン・大豆

コーンは総じて大幅反発。終値の前営業日比は、2.00~11.25セント高。中心限月の期近3月限は11.00セント高の511.50セント。大豆は揃って大幅反発。終値の前営業日比は14.50~31.75セント高。中心限月の期近3月限は31.75セント高の1343.50セント。前週末に急落となったことに追随する売りも見られたが、安値拾いの買いが活発化し大きく切り返した。また、米農務省(USDA)発表の週間輸出検証高が事前予想を上回っていたことに加え、ウクライナでは20/21年度のコーン輸出規制が合意に至ったと伝えられたこと、そして大豆市場の堅調な足取りも買いを支援する要因となった。500.00セントで取引を開始した後は、前週末の急落が意識されるなか、欧州の時間帯を終えるまで505セントを上値抵抗線とする限られたレンジ内での高下となった。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。