特別編「日本の商品先物取引のルーツ」

日本の商品先物取引のルーツは江戸時代までさかのぼる。
江戸時代初期、大名たちは商業の中心であった大阪に蔵屋敷を設け、農民から取り立てた米などを蔵屋敷に運び込んで蓄え、これを商人に売って藩の運営費用に充てていた。
この蔵屋敷の管理は各藩の武士が行なっていたが、次第に商人達に任されるのが当たり前となり、彼らは蔵元と呼ばれるようになる。
商人による蔵元は掛け屋とも呼ばれ、米の販売から金融(両替屋)も行ない、徐々に力を強めていった。
その最大のものが淀屋である。

 

例えば、1年後のモノの価格は今の時点の価格より高くなったり安くなっていたりするかもしれない。
もし1年後の価格が今の価格より高くなるとすれば、今の時点でモノを買っておけば、その値上がりした分だけ利益になるというわけである。具体的に説明しよう。

 

 

蔵元は、米商人たちが仕入れを行なう際のこんな決まりを作った。
まず、米商人は手付け金として、蔵元に総代金の三分の一の敷銀(保証金)を支払う。
これに対し、実際の米を引き渡すまでの間の証明として”米手形”(一種の証券)を発行し、この米手形を持参し、残金を支払えば米を引き取ることができるというもの。
すると店先にはいつも米商人が集まり、”米手形”を取引するようになったのである。

 

しかし、実際の米の取引ではなく、米手形の売買による差金取引を目的にした売買が行なわれるようになり、幕府は「米相場を不安定にする」という理由で、米手形の売買を禁止した。
それでも米商人たちは堂島に移り米市を続け、やがて幕府にも価格の極端な暴騰・下落が避けられる事が認められるようになり、1730年には大岡越前の計らいによって堂島に「米相場会所」が設立され、米の転売買が公認されるまでになった。

 

世界に先駆けて公認されたこの堂島の【帳合米取引】(帳簿上だけで決済する先物)は、現在の商品取引所の骨格部門をほぼ網羅していたといわれている。
これが商品先物市場のルーツなのだ。