商品先物取引が怖いと言われる理由:勝てば大金持ち・負ければ破産の仕手戦

2017年12月25日 投稿

 

商品先物取引は怖い・リスクが大きいから取引しないと近寄らない人も多いようです。なぜ、そんなに怖いと言われるのでしょうか?

 

それには、大きく二つの理由があります。一つはレバレッジ効果で大きな取引ができること。もう一つは、市場規模の小さい銘柄を狙って仕手や投機ブームが起きること。

 

仕手とは

 

仕手とは、大量の資金力で特定の銘柄を買占め、相場を意図的に吊りあげる取引。特に、買い方と売り方に分かれて、激しく攻防を繰り広げることを仕手戦といいます。

 

商品先物取引・株式取引では、時折、仕手戦が起きることがあり、成功すると大きな利益を得られます。逆に、仕手戦の敗者は、投下した資金のほとんどを失うことになります。もちろん、仕手といっても仕手戦にまで至らない場合は、勝敗にくっきりと明暗が出ない時もあります。

仕手戦について

さて、激しい仕手戦の場合、高額所得番付に載る程の大勝ち・財産を全て失うほどの損失レベルになるのはどうしてでしょうか?

 

商品先物取引・株式の仕手戦

 


仕手相場の中盤から終盤にかけては、銘柄ごとの変動要因や材料よりも買い方・売り方の資金力が重要になります。双方とも資金力に任せて買い・売りを行い、相手側を潰そうとします。

仕手戦の勝負

そして、どちらかの資金が尽きた時に、仕手戦は終了。負けた方は悲惨です。


買い方が負けを覚悟ということは、それまでに保有していた建玉を決済するために、売り注文を出します。しかし、買い手がいないために価格は暴落。すなわち、大きな損失が生じるわけです。売り方が負けた時も同じことが起きて、価格が上昇して大損失という結果に。

 

つまり、勝つと大きな利益、負けると大きな損失・・・・というのが仕手戦の怖さ。となると、中途半端なところで止められません。自分が取引を止めた途端に大きな損失が確定するため、全財産どころか借金してでも資金をかき集めて勝つまで続けるのです。そして、最終的に仕手戦には勝者と敗者が生まれてしまいます。その過程で、価格が急上昇・急落するために、マスコミが新聞やテレビで報道を行い、一般の人も知ることに。

仕手戦の大勝負

仕手戦は触らぬ神にたたりなし

 

ただし、この仕手戦に、本格的に参戦できるのは、大量の資金を持っていることが前提。普通の人は、ちょうちんと言われる買い手や売り手についていく役割をこなすだけ。

 

ちょうちんにしてもハイリスクハイリターンなので、普通の人は、仕手戦に参加しない方がいいでしょう。なお、商品先物取引では、小豆やパラジウム・銀など取引の少ない銘柄が仕手の起きやすい銘柄。株式では、二部の小型銘柄など

 

仕手戦は、資金集め・仲間集めを行うところから始まり、値上がり途中で売り抜けて逃げる裏切り者が出ないように監視しなければいけません。しかも勝てば大金持ち・負ければ破産することもあり大勝負。人間ドラマ・経済戦争として面白い分野ですから、映画・小説の題材になりやすいのです。そのため、実際に仕手戦に参加した人や大勝利・大負けして破産した人は少なくてもイメージだけ普通の人でも持っているのです。

 

これが、商品先物取引が怖いと言われる仕手戦の概要。

 

商品先物取引で起きた仕手戦の事例

 

赤いダイヤ:餡子の原料となる小豆は、1950年代に大規模な仕手戦の舞台となりました。冷害による小豆の不作が続いたことで、供給不足になった小豆相場に、投機家や商社が参戦し、買い方・売り方に分かれて壮烈な戦いを繰り広げたのです。そのすさまじさから、「赤いダイヤ」の名前で梶山季之氏が実在の人物をモデルに小説家。1963年にはドラマ化、1964年には映画化されるなど、世間に商品先物取引と仕手戦を知らしめる役割を果たしました。しかし、ハイリスクハイリターン・商品先物取引が怖いとのイメージがついたのも確かです。

 

銀相場:古くは米国の石油王だったハント兄弟が買い占めた銀相場、最終的にハント兄弟は、買占めに失敗。1996年には、あのウォーレン・バフェット氏が銀の買占めを行ったことでも有名。バフェット氏は、大儲けできなかったものの大怪我をする前に売り抜けに成功したようです。

 

商品先物取引の怖さはイメージ先行の部分があります。仕手に関わらず、取引量の多い金や原油・ガソリンなどから始めるのがおすすめ。



漫画で解説 Venusはいかがですか お取引をお考えの方必見です