日本の未来は双子の破たんが心配!

2018年3月15日 投稿

 

今の日本で、最も大きな不安は将来のお金と健康。病気・お金の二つが恐怖として、日本人の肩にのしかかっているから、明るい未来が描けなくなっています。

 

平均寿命の増加・少子高齢化によるいびつな人口ピラミッド化で、「国と自分自身のリスク=双子の財政破たん」があるということを知ると、いくらお金があっても安心できません。そのせいか、テレビやCMでは資産運用・証券・投資信託などのCMがたくさん流れています。なお、商品先物取引も資産運用の一つ。

 

日本の財政破たんリスク

 

日本の財政が危険なことは、マスコミの報道などでご存じだと思います。日本政府の抱える債務は、2017年の12月末で1085兆7537億円。このほとんどは国債という名の借金。ちなみに、日本政府が破たんする・しないという議論に結論は出ていません。しかし、借金が増え続けていけば、いつかはダメになるかハイパー円安で借金を減らしていくしかありません。

増税と社会保障のダブル

なぜなら、日本政府の借金漬け体質は、改善するのがとても難しいから。年金・社会保険の大幅カット以外に方法はなく、民主的な選挙で、それができる可能性はゼロに近い。

日本の財政収支は真っ赤


基礎的財政収支(プライマリーバランス)と呼ぶ、一般家計や企業の収支を政府で確認すると・・・けっこうひどいです。

 

収入は、税収とその他をあわせて63.1兆円に対して、国債費等を除いた支出は73.9兆円。国債の収入支出を除いた純粋な収支で毎年、10.8兆円の赤字。(平成29年度)

 

内訳は、社会保障費が32.5兆円。これの中身は、年金・医療・介護ですから、簡単に減らせません。年金支給年齢の引き上げ・医療制度・介護保険の修正などで、社会保障費の増加を抑えるのがやっと。

 

◆政府の関係する団体【経済諮問会議】が算出した日本の将来

 

政府は、下記二つのケースで、日本の経済と財政の将来をシミュレーション。

1. 経済再生ケース:実質経済成長率2%以上
2. ベースラインケース:実質経済成長率0%台後半

 

経済成長率が上がれば、税収が上がるも金利負担が高くなるジレンマから、どちらのシナリオでも、収支の大幅改善は見込めません。

日本の財政は厳しい

2025年の財政を見るとどちらのシナリオでも大幅赤字に変化なし。

増えるしかない税金と社会保険

 

さらに、団塊世代の引退と少子高齢化が重なるために、税金+社会保険を上げるしか、政府と社会保障を維持する方法はないのです。

 

代表的な厚生年金保険料を見てみると男女共通の料率になった1994年1月は給与(標準報酬月額)に対して、14.5%を事業主と被保険者で折半。そして、2017年9月は18.3%と3.8%も上昇しています。

 

消費税は、現在の8%から2019年10月に10%へと引き上げ。よく言われるのが諸外国に対して低いので、20%以上に引き上げる余地があるという話。

 

◆各国の国民負担率

各国の国民負担率2014年度

所得に占める社会保険と税金の比率。デンマークやフランスは負担が高い分、高福祉の国。日本は、米国よりも負担は高く欧州よりも低い中負担中福祉の国。まあ、これを見るとデンマークやフランスは、社会主義国家に近いですね。世界一幸せとも言われる国、デンマークの場合、野心に欠けるという評価もあり、どちらが良いかは国民の選択次第。

 

ただし、医療の進歩で長生きが当たり前になった現状、今の福祉レベルを維持するのにすら、増税・社会保険増&福祉の削減というトリプルコンボを決めないと政府の財源は立ち行きません。

 

豊かな生活を送るために資産運用を考えましょう

 

高齢夫婦の生活費は、月25万円前後というのが、保険会社やデータ機関の出している平均ですが、これは少し贅沢とも言えます。貯蓄もそうですが、一部の富裕層が平均値を引き上げていますからね。ゼクシイの調査では、新婚夫婦の1カ月生活費は20~25万円。何かといりような若い夫婦よりも高齢夫婦の生活費の方が高いというのはおかしな話。とはいえ、年金だけではちょっと足りない気がいたします。

 

厚生年金の支給額は、男性で18万円以上~19万円未満の層が一番多い。女性は9万円以上~10万円未満。国民年金だともっと少なくなりますからね。確かに少し不足気味かも。

 

その足りない部分を補うのが、商品先物取引をはじめとする資産運用・投資。100万円を1億円にするような大儲けの必要はなく、年金で足りない部分を補う額を貯めるために、投資を若い頃から始めておくのをお勧めします。

収入の道を増やす

仕事を引退してから、投資を始めるよりも、若い頃からのスタートの方が経験・時間というアドバンテージを得られます。



漫画で解説 Venusはいかがですか お取引をお考えの方必見です