トランプ大統領の国家非常事態宣言での政治不安からゴールド台頭

2019年2月25日 投稿

 

米国のトランプ大統領が、2月15日に宣言した国家非常事態宣言。政府機関閉鎖に続き、議会との対立は激しさを増しています。米政治の混乱で、NY金先物・東京金先物ともに上昇。

 

国家非常事態宣言で、ゴールドは、大幅に上昇

 

◆東京金先物の日足チャート:フジフューチャーズ 2019年2月20日

金の上昇
2018年8月の安値4,112円から大幅に上昇。4,700円を突破してきました。

 

国家非常事態宣言の背景に、トランプ大統領と既存の政治勢力の対立があります。それは、政治経済のリスクを高めて、金先物が上昇する要因になりやすい現象。

 

まるで、トランプ大統領の存在そのものが、ゴールドを輝かせているかのよう。前にも、トランプ大統領の本気度は指摘しましたね。

◆NY金の月足チャート フジフューチャーズ

NY金のチャートNY金は、1360ドル前後のレジスタンスを突破できるか?


就任以来、強引さの目立つトランプ大統領

 

トランプ大統領は、妥協ばかりする今までの政治家にまかせていては、何も実行できない。俺に任せろと登場した人物。公約となっているメキシコの壁建設は、実行に向けてあらゆる手段を活用。今回は、ついに、国家非常事態を宣言して、強引に予算確保に向けて動きました。

 

これからも、米中貿易交渉をはじめとした米国の赤字削減策や米国以外の国に世界の安全保障を負担させる政策。再生可能エネルギーから化石燃料へのシフトなどを実行してくるはず。

 

その中でも、米国の赤字削減策&世界の安全保障は、金先物に大きな影響を与えます。

 

さて、それでは、今回の国家非常事態宣言について見ておきましょう。

 

国家非常事態宣言

 

国家が非常な危険にさらされたときに発動。戦争や災害などの非常時において、議会での立法など手続きに時間がかかり、迅速な対応を取れないケースなどで利用。大統領(政府)に権限を与えることができる。

米国の非常事態宣言事例

 

  • 2016年9月21日:米国ノースカロライナ州シャーロットでの黒人男性者射殺事件の抗議活動への対応
  • 2009年:米国でのインフルエンザ感染拡大への対応
  • 2001年:米国同時多発テロへの対応

 

メキシコの壁建設に必要な費用

 

トランプ大統領が、メキシコの壁建設に要求していた費用は57億ドル。それに対して、議会が、11日に合意した予算案では、国境警備予算が13億ドルで、全く足りません。ちなみに、トータルで必要な予算は、米国土安全保障省によると10年間で180億ドル(約2兆円)との試算がでています。

 

そのため、議会の承認なしで、壁を建設する予算を確保しようとの目的から国家非常事態宣言。

 

国境における国家安全保障と人道危機を阻止するために、国家非常事態宣言を含む大統領権限を行使する方針。大統領は壁を築き、国境を守り、偉大な国を保護するという約束を今一度果たそうとしている。サラ・サンダース大統領報道官:BBC

 

この国家非常事態宣言を行ったことで、メキシコの壁建設はできるのでしょうか。

 

一応、議会の承認なしに、国防総省の建設費用を利用することが可能。そして、ウォールストリート・ジャーナルの指摘では、国防予算のうち133億ドルを使えるのではとのこと。

 

これに対して、民主党側は、トランプ大統領を非難。ペロシ下院議長やシューマー上院院内総務は、大統領権限の乱用や壁建設の費用をメキシコに出させるとう公約を破ったと批判。カリフォルニア州をはじめとする16州は、宣言の差し止めを求める訴訟を起こしています。

 

さて、訴訟の行方は。

 

米国内の対立激化

 

問題は、このようなことが頻発すれば、議会の存在意義を失い、大統領及び行政府の独裁になりかねないリスクがあること。

 

SF映画スターウォーズでは、通商連合による関税問題から、惑星ナブー封鎖が最初の脅威でした。その後、分離主義勢力となった通商連合達との戦争をきっかけに、後に皇帝となるパルパティーン議長による非常事態宣言と戦争が終わるまでの非常時権限を与えます。この宣言のさなか、ヒロインのパドメ・アミダラは、呟きます。「自由は死んだ。万雷の拍手の中でね」

 

トランプ大統領は、壁を建設するとの公約を破らず、このまま突き進むでしょう。

 

NAFTA(北米自由貿易協定)やTPP(環太平洋パートナーシップ協定)。そして、米中貿易交渉に向けて妥協しない姿勢を誇示するため。議会の譲歩を引き出して公約を実現すれば、政治力強化と再選の可能性が高まることになります。

 

そうなると、米国と他国の関係悪化・安全保障体制の見直しにつながり、金の先物相場を支えることになると思います。

 

もう一つ、トランプ政権で怖いのは為替制度の変更。米中貿易交渉で、赤字減らしを目的にしているも、中国側も簡単に妥協しません。落とし所・妥協案を探る外交交渉に対して。トランプ大統領は、とことん相手に譲歩させる強硬姿勢。もしかすると、一発で赤字を解消させる方法を選ぶかもしれません。それは、為替相場と金先物に大きな影響を与えることになるでしょう。

 

◆米ドル/円の月足チャート

為替相場の動き

為替相場と金をはじめとした商品先物取引の関係はこちら



6,600円からの金投資 約70倍のレバレッジ効果 仮想通貨が注目されているからこそ 金投資で分散投資


6,600円からの金投資 約70倍のレバレッジ効果 仮想通貨が注目されているからこそ 金投資で分散投資