2019年は、米中貿易交渉の進展次第で、商品先物取引のトレンドは変化

2019年5月15日 投稿

 

2019年の相場で、最大の注目材料が、米中貿易交渉の行方。

GWの10連休前までは、合意がまとまるとの報道だったのですが、トランプ大統領の関税引き上げツィートからトレンドは一変。

 

関税引き上げと米中交渉決裂というリスクシナリオが浮上

 

そして、関税引上げの期限までに交渉はまとまらず。2019年5月10日午前0時1分(日本時間同日午後1時1分)で、追加関税の発動が決まりました。ただし、交渉は続いていますので、どこかのタイミングでまとまる可能性はあります。

 

交渉決裂&貿易戦争はリスク大

 

最悪シナリオとなる交渉決裂&貿易戦争となれば、各国の株式市場は、大きく崩れるシナリオが有力。そして、世界的な景気停滞の可能性もあることから、商品先物市場の白金・銀・ゴムなど、景気に影響されやすい銘柄にとっても、大きな下げ材料。

 

実際、景気に左右されやすい白金相場は、GW明けから下落トレンド。

 

◆白金の日足チャート フジフューチャーズ 2019年5月10日

白金のチャート

中国の景気悪化を予想した白金の下落

白金のトレンドで、米中交渉の進展度合いを把握するのも面白いでしょう。

 

関税引上げストップや交渉締結は、リスクオン

 

交渉継続や関税引上げの延期による再交渉というシナリオになれば、リスクを織り込んでいるマーケットは反発する可能性が出てきます。

米中の覇権争いが貿易交渉の原因

 

根本にあるのは、米国と中国の覇権争い。米中ともにそう簡単には折れません。

 

そして、世界第二位に経済大国となった割に、弱い通貨である人民元・タダ乗りをしている面のある技術など「バランスの悪い面を持つ中国」と米国の関係があります。

 

その結果、巨額な対米黒字(米国の赤字)が積み上がったわけで、これをなんとかするのがトランプ大統領の大きな目的。大統領再選に向けて、支持率は上がっています。再選のためには、中国に勝ったというイメージが必要ですし、支持率維持のためにも、折れることはないでしょう。

 

覇権争い&巨額な貿易赤字の削減

 

今回、中国は、下記のような項目を、交渉直前に、法制化できないと言い出したと報道されています。

 

●国有企業への補助金
●知的財産権の保護
●技術移転の強制禁止
●サイバー攻撃の禁止

 

自由市場に慣れている身からするとどれも当たり前のことですが、中国では当たり前ではないということですね。日本の報道は、米国のリベラル派ニュースに引きずられて、少し反トランプ色が強いので、トレードする時は、内容をしっかりと確認しないと考えが偏りがち。

少しだけ陰謀論を

 

中国も外商投資法という法律を制定し、市場経済における透明性を確保しようとしています。しかし、米国側からまだ足りないという強い要求を突きつけられています。習政権、さすがに、トランプ政権を甘く見ていないと思うのですが、国内の調整は難しいと思います。

 

さらに、面倒なのは、米大統領選挙での民主党勝利を待っているとの話がトランプ大統領から出ていること。これが、大統領選挙の争点になったり、中国の献金・ロビー活動が明るみに出ると、ロシア疑惑同様に、スキャンダラスな展開になる恐れもあります。

貿易戦争悪化時は、市場に政府が大きく介入する可能性あり

中国が折れないと、本格的な貿易戦争に発展して、世界全体の貿易・景気が落ち込むことが悪いシナリオ。そうなると資源関係の通貨や商品先物の銘柄は。下落しやすくなります。

 

というのが普通のシナリオ。しかし、そう簡単に行かないのが相場の世界。追加関税25%が発動されて、交渉もまとまらないとなれば、誰もが、最悪のシナリオを考えます。

 

特に、中国での経済悪化は、共産党政権の危機となるため、全力で支えに来るでしょう。中国株と人民元相場に買い支えが入り、金融緩和と新興国との連携強化に進めば、米国との貿易を減らしても耐えられると考えているかもしれません。

 

米中の貿易戦争で強弱材料は、両方出てきますから、注意しておきましょう。

両面を考えよう

インフレによるトレンド変化に注意

 

一方、米国は関税の影響で、モノの値上がりによるインフレが進む可能性があります。そうなるとFRBの政策にも影響があり、低インフレ&低金利のメリットを受けての成長が鈍化するリスクがあります。

 

株価や商品先物相場には、下げ材料となりやすい米中の追加関税引上げですが、一つの方向性に決め打ちせずに、状況を見ておきましょう。こういう時に頼りになるのはなんと言っても値段とチャート。ニュースと値動きを併せて見ることで、相場感を養う絶好のチャンスです。




初めての先物取引をご検討の方へ 初心者への手厚いサポート


初めての先物取引をご検討の方へ 初心者への手厚いサポート