取組高から考える相場(金と白金)

2019年6月24日 投稿

 

6月17日から21日までのは先週末より114円値上がりして、一般投資家(投資家、取次者経由)は20,791枚売り越しました。

 

2019年6月21日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) 金(標準取引)

 

トータルは18,371枚の売り越しに転換しました。

 

先週末の終値が4,681円でトータル2420枚の買い越しまで減っていましたから、4,700円台に入ったところから、利食いをして、※途転売り(ドテン売り)になっているようですね。

 

※途転売り(ドテン売り)

今までのポジションを決済し、新たに反対のポジションを建玉することを言います。

 

さて6月17日から21日までの白金は先週末より38円値下がりして、一般投資家(投資家、取次者経由)は1,754枚買い越しました。

 

2019年6月21日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) 白金(標準取引)

 

トータルは45,692枚の買い越しです。

 

先週は金が大きく上げに対し、白金が下げですから、金に売りが出て、白金に買いがでるのも頷けます。

 

続いて海外の取組や国内の取組推移、金と白金の鞘の推移やNY金のETF残、チャートなどを見て考えてみましょう。

 

まずは国内金の取組NY金ETF残の推移です。

 

国内金・取組内容・値段推移 NY金・ETF残高推移

 

国内金は20日に一気に売り越しとなったのが分かりますね。それと21日のNY金・ETFに34.93トンの大きな買いが入ったのが分かります。

 

金の現物に大きな資金が流れたようですね。

 

続いてNY金、ファンドの取組推移です。

 

NY金の大口投機玉(オプション取引を含む)

 

NY金のファンドの買いは6月18日の時点で235,532枚の買い越しとなっています。

 

これを書いている月曜日、朝の時点で、1,408ドルまできているので、さらに買い枚数が増えているでしょう。金に資金の流入が続いているのが分かります。

 

続いて中々上がらず、揉み合いの続く白金を見てみましょう。

 

まず国内白金の取組と、金と白金の価格差(鞘)の推移です。

 

国内白金・取引内容・値段推移(金と白金の価格差推移)

 

続いて白金の割安感を感じる、金と白金の価格差(鞘)のチャート日足です。

 

鞘チャート 東商金 期先つなぎ足 東商白金 期先つなぎ足 日足 2月15日1,857円 4月22日1,340円 6月21日1,993円

 

金と白金の価格差(鞘)のチャート週足です。

 

鞘チャート 東商金 期先つなぎ足 東商白金 期先つなぎ足 週足

 

白金と金の価格差(鞘)が過去最大に拡がっているのが分かります。

 

4月22日に1,340円だった価格差が、先週末6月21日終了時点で1,993円まで拡がっているのですから、金を売って白金を買う人も当然でてきます。

 

この差を縮めるには、金が下がり、白金が上がる必要があります。

 

白金の海外のファンド動向を見てみましょう。

 

NY白金の大口投機玉(オプション取引を含む)

 

NY白金のファンドの投げが、大分進んだことが分かりますね。又、取組高が増えてきているので、エネルギーが溜まってきているようにも見えます。

 

続いてNY白金の日足チャートを見てみましょう。

 

チャート NY白金 中心限月(19/07) 日足

 

NY白金は下げがきつかった分、戻ろうとしても、戻り売りが出ているのがわかります。

 

上がるには下値で鍛錬が必要そうですね。

 

白金族系金属のパラジウムとの価格差も見てみましょう。

 

鞘チャート 東商金 期先つなぎ足 東商白金 期先つなぎ足 日足

 

これもパラジウムが買われ、白金が安値に放置されているのが分かりますね。

 

白金が上がるには、NYのファンドが大きく買えるようにする必要がありそうです。

 

NYのファンドはテクニカルで動く部分が強いので、下値を固めてから、上に向かう形になることが条件となりそうですね、特殊要因がない場合は、テクニカル主導の相場になることが多いようです。

 

 


-商品先物取引の登り方- 吉田文吾の知ってお得な先物コラム

 

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。