取組高から考える相場(金と白金と原油) 新型コロナウイルス相場で大暴落

2020年3月2日 投稿

 

2月21日(金)から2月28日(金)までのは前週末より170円値下がりし、一般投資家(投資家、取次者経由)は4,635枚、売り越しました。

 

2020年2月28日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) 金(標準取引)

 

トータルは8,751枚の買い越しです。

 

続いての一般投資家(投資家、取次者経由)日々の玉の動き、NY金ETF残の推移です。

 

国内金・取組内容・値段推移 NY金・ETF残高推移

 

ここにきて相場の動きが激しくなってきました。東京金の一般投資家(投資家、取次者経由)は1月8日の高値5,574円を上抜けてから、加速度的に買い乗せをしてきましたが、NY株の大暴落から、金にも大きな利食いがでてきて、3月2日の取引で国内は5,423円まで売られる場面がありました。市場はパニック的な動きになっています。

 

NY金ETFは急落にもかかわらず、あまり動いていません。

 

東京金の日足チャートを見てみましょう。

 

チャート 東商金 期先つなぎ足 日足

 

さて東京金は新型コロナウイルスによるNY株の大暴落の影響から、金も換金売りにより、大きく下げています。チャートは3月2日の朝10時頃まで入っていますが、5,500円割れの水準1ヶ月以上のもみ合いが続いた価格帯なので、大出来高の下髭と強い抵抗を見せています。

 

今は新型コロナウイルス相場に移行しており、状況が落ち着かなければ、激しい相場環境が続きそうです。

 

NY金の日足チャートを見てみましょう。

 

チャート NY金 中心限月(20/04) 日足

 

NY金は中々の大陰線を引いていますが、これを書いている3月2日午前10時の時点では1,600ドルを回復しているので、下値抵抗が機能しています。

 

続いてNY金ファンドの取組推移を見てみましょう。

 

NY金の大口投機玉(オプション取引を含む)

 

NY金の取組は価格の上昇とともに取組高を増やしてはいるものの、差引買残は何故か減りました。このことから考えられるのは、新規売りと新規買いのファンドがぶつかり合ったことが想像できます。これはあくまでも個人的な想像ですが、新型コロナウイルスでの売り仕掛けを狙ったファンドがいたのかな?と思いました。

 

続いて東京白金を見てみましょう。

 

2月21日(金)から2月28日(金)までの白金は前週末より424円値下がりし、一般投資家(投資家、取次者経由)は3,374枚、買い越しました。

 

2020年2月28日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) 白金(標準取引)

 

トータルは9,460枚の買い越しです。

 

続いて白金の一般投資家(投資家、取次者経由)の玉の動きと金との鞘(価格差)を見てみましょう。

 

国内白金・取引内容・値段推移(金と白金の価格差推移)

 

さて東京白金と金との鞘(価格差)は2019年8月16日の2,307円を抜けてから、2,583円まで白金の割安が進みました。このような鞘(価格差)でもポイントを抜けたりすると、普通のチャートと同様に走ったりするので、覚えておいてもよさそうですね。

 

東京白金の日足チャートを見てみましょう。

 

チャート 東商白金 期先つなぎ足 日足

 

東京白金の期先つなぎ足チャートは、大きく窓(ギャップ)を開けているように見えますが、新甫発会のある日は、夜間取引分のチャートが抜けてしまうので、このようなチャートになってしまいます。(2020年12月限のチャートは窓が開いていません。)

 

そしてトレンドラインを下抜けてからは、売り圧力が強くなって、大きく下げています。

 

これを書いている午前11時ごろは3,000円の下値抵抗を受けて3,050円近辺まで戻しています。

 

NY白金の日足チャートも見てみましょう。

 

チャート NY白金 中心限月(20/04) 日足

 

NY白金の日足チャート975ドル辺りの抵抗を下抜けてから、投げ売り状態になっています。さすがに外部環境が落ち着けば、1回は戻りを入れそうですが、本格的な上昇は底値で日柄が必要な感じがします。

 

続いてNY白金、ファンドの取組推移を見てみましょう。

 

NY白金の大口投機玉(オプション取引を含む)

 

NY白金のファンドは2月25日の下げで大きく差引買残を減らしましたが、これを書いている3月2日の時点では900ドルも大きく割れているので、差引買残と取組高はある程度減っているものと想像ができます。外部環境がこれだけ悪くなってくると、再度上昇を始めるには、一回大きく玉整理が必要になってくると思います。

 

最後に東京原油を見てみましょう。

 

2月21日(金)から2月28日(金)までの原油は前週末より5,850円値下がりし、一般投資家(投資家、取次者経由)は1,430枚、売り越しました。

 

2020年2月28日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) プラッツドバイ原油

 

トータルは1,948枚の買い越しです。

 

続いて原油の一般投資家(投資家、取次者経由)日々の玉の動きを見てみましょう。

 

国内原油・取組内容・値段推移

 

さて東京原油一般投資家(投資家、取次者経由)は年始めの米国とイランの緊張から原油が吹き上がり、1月6日の43,690円から買い下がり(ナンピン)を行っておりましたが、新型コロナウイルスの影響から、ここにきて下げが急速になり、少しずつ投げている日々が続いています。

 

また2番限と6番限の逆ザヤ1月6日の時点では2,880円あったのですが、2月28日の時点では順ザヤ30円まで来てしまいました。これは期近の原油が新型コロナウイルスの影響でだぶつき気味になっていることを現しています。

 

東京原油の週足チャートを見てみましょう。

 

チャート 東商原油 期先つなぎ足 週足 2018年12月25日安値32,890円

 

東京原油は1月最初の高値から1万円以上の下げに見舞われています。さらに2018年12月25日の安値32,890円3月2日の取引では、32,460円を付ける場面がありましたが、日中取引では34,000円台まで戻しています。2018年の安値(32,890円)と本日の安値(32,460円)がポイントになりそうです。ただ新型コロナウイルスの影響が落ち着くことが大前提になりそうです。

 

 


-商品先物取引の登り方- 吉田文吾の知ってお得な先物コラム

 

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。