取組高から考える相場(金と原油) 国内原油の取組高、急増中!

2020年4月13日 投稿

 

4月3日(金)から4月10日(金)までのは前週末より299円値上がりし、一般投資家(投資家、取次者経由)は2,991枚、売り越しました。

 

2020年4月10日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) 金(標準取引)

 

トータルは1,403枚の買い越しです。

 

続いての一般投資家(投資家、取次者経由)日々の玉の動き、NY金ETF残の推移です。

 

国内金・取組内容・値段推移 NY金・ETF残高推移

 

さて、東京金ですが証拠金が高いこともあり、取組高は増えてきませんねえ、やはり人気化するには、証拠金が下がり外部環境が落ち着くことだと思います。今は、相場どころではない人も当然たくさんいますから、しょうがない部分もあります。

 

またNY金のETFですが、8日連続で残高を増やしてきています。やはりこの各国が金融緩和を行う環境下では、金を持ちたい人も増えてきますよねえ。

 

東京金の日足チャートを見てみましょう。

 

チャート 東商金 期先つなぎ足 日足 2月25日高値5,913円

 

続いてNY金の日足チャートです。

 

チャート NY金 中心限月(20/06) 日足

 

まず東京金は、2月25日の高値5,913円が見えてきています。終値ベースの高値は5,858円なので、これを書いている4月13日(月)の終値が5,858円より上で終わるかがポイントになりそうです。5,858円より上で終われば、5,913円にトライする場面に変わりそうです。

 

NY金高値を抜けているので、どこまで伸ばすか?の格好です。ただ気になるのは、金のスポット価格は3月9日に1,702.96ドルの高値を付けたのですがこちらは高値を抜けて無いんですよ。NY金だけ独歩高の状態なんですねえ、NY金の受渡共用品がスイスで作られていて、今のコロナ騒動でNY金の受渡共用品が作れない為、NY金だけプレミアムがついている状態なんでよ。このようなことは滅多に起きないので、相場を考える上で迷ってしまいます。NY金のCOMEX受渡共用品の幅を拡げ価格差を小さくしようと努力をしています。

 

続いてNY金ファンドの取組推移を見てみましょう。

 

NY金の大口投機玉(オプション取引を含む)

 

NY金のファンド価格上昇したものの差引買残あまり増えていませんでした。かなりの高値圏なので大きく差引買残を増やしていると思ったんですが、ちょっと意外でした。今の外部環境ですと、当然ファンドの解約が増えてもおかしくないですし、世界は都市封鎖など、まともな状況では無いですから、ある程度の想定外は起きるのかもしれません。

 

続いて東京原油を見てみましょう。

 

2020年4月10日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) プラッツドバイ原油

 

4月3日(金)から4月10日(金)までの原油は前週末より2,160円値上がりし、一般投資家(投資家、取次者経由)は269枚、売り越しました。

 

トータルは2,476枚の買い越しです。

 

続いて原油の一般投資家(投資家、取次者経由)日々の玉の動きと2番限月と6番限月のサヤ(価格差)を見てみましょう。

 

国内原油・取引内容・値段推移

 

さて東京原油なんですけど、取組高の増加が続いています。先週も書いたんですけど東証に上場している、証券コード2038NEXT NOTES TOCOM 原油 ダブル・ブルETNというTOCOM原油に連動している銘柄の買いが続いているんですよ。

 

下記にファンド・投資信託と外国商品先物取引業者経由だけの取組推移を載っけてみました。

 

2020年4月10日取引終了時点 カテゴリ別取組高表(週間増減) プラッツドバイ原油4/10 プラッツドバイ原油4/3 プラッツドバイ原油3/27 プラッツドバイ原油3/19 

 

東証の証券コード2038の銘柄の買いに対して、外国商品先物取引業者の客が売り向かっている形です。これ結構凄い形なんですよ。

 

東京原油の日足チャートを見てみましょう。

 

チャート 東商原油 期先つなぎ足 日足

 

さてここ最近は東京原油25,000円割れは下髭をつけて抵抗を見せていますが、まだBOXの範疇といったところですねえ、取組高を大きく増やしている局面なので、エネルギーは大きく膨らんでいるところです。原油価格が上昇するためには、コロナの終息米国の減産が必要でしょうねえ、この2つが重なったら結構なインパクトがあると思います。

 

 


-商品先物取引の登り方- 吉田文吾の知ってお得な先物コラム

 

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。