朝刊:好調な企業業績への期待を背景に NYダウは連日の史上最高値更新

  • 更新日:17/10/18

2017/10/17 付 中心限月価格<現地時間>

銘柄 限月 終値 前日比
NY金 17/12 1286.2 -16.8
NY銀 17/12 1704.1 -32.8
NY白金 18/01 934.8 -7.3
NYパラジウム 17/12 975.95 -0.35
NY原油 17/11 51.88 0.01
NYガソリン 17/11 163.01 1.32
シカゴコーン 17/12 350.00 -0.50
シカゴ大豆 17/11 984.75 -6.25
NYダウ 22997.44 40.48
ドル/円 112.16 0.02
ユーロ/ドル 1.1761 -0.0030
NY為替
この日発表された9月の米輸入物価指数など米経済指標が予想を上回ったことや次期FRB議長めぐる思惑で米長期債利回りが上昇したことを受けドル買いが優勢となり一時ドル円は112円台半ばまで上昇した。その後米長期債利回りが低下に転じるとドルが売り戻されドル円は112円台前半へ押し戻された。17日のNY為替市場でのドル円相場は前日比ほぼ横ばいの1ドル=112円20銭前後で取引を終えた。
NYダウ
17日のNY株式市場ではこの日四半期決算を発表したユナイテッドヘルスやジョンソンアンドジョンソンが好決算を発表したことで好調な企業業績を手掛かりに好業績株中心に買いが入りNYダウは一時23000ドル台を付けた。その後は利益確定売りに上値が抑えられNYダウは前日比40ドル48セント高の22997ドル44セントと連日の史上最高値更新となった。一方ハイテク銘柄中心のナスダック指数は、6623.66(-0.35)とほぼ横ばい。
NY貴金属
金12月限は1286.2ドル(前日比-16.8)。白金1月限は934.8ドル(前日比-7.3)。金は続落した。シリア北部にあるISの拠点がクルド人部隊に制圧されたとの報道で中東での地政学リスクが後退したことや心理的な節目の1300ドル台を維持できなかったことでテクニカルが悪化したことなどから売り圧力が強まった。プラチナも続落。金の下落に追随したかたちとなった。
NY原油
原油11月限は51.88(前日比+0.01)。NY原油はほぼ横ばい。核合意に関するイランと米国の緊張の高まりへの警戒は依然として意識されるもののクルド自治区の治安部隊がイラクとの境界線を2003年の状態に戻すことで合意したとの英スカイニュースの報道でイラク政府とクルド自治区の独立問題への懸念が後退したことから売り買いが交錯となった。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は350.00セント(前日比-0.50)。大豆11月限は984.75(前日比-6.25)。大豆とコーンは続落した。大豆は米中西部産地で今週は概ね乾燥した天候との予報で収穫が順調に進むとの見方や南米産地での降雨予報で生育が進むとの見通しなどから売り圧力が強まった。コーンは大豆安を嫌気した売りに押され弱含んだものの前日の取引終了後に農務省から発表された週間の収穫完了率が予想を下回ったことから押し目買いを誘い下げ幅は限定的となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:15米9月鉱工業生産(前月比)+0.3%(予想+0.3% 前回-0.7%)
23:00米10月NAHB住宅市場指数68(予想64 前回64)
29:00米8月対米証券投資672億ドル(予想- 前回+12億ドル)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。