朝刊:米長期金利の上昇一服や好調な企業業績を受け買い安心感広がりNYダウ、ナスダック指数共に大幅上昇

  • 更新日:18/04/27

2018/4/26 付 中心限月価格<現地時間>

銘柄 限月 終値 前日比
NY金 18/06 1317.9 -4.9
NY銀 18/05 1649.1 -1.1
NY白金 18/07 910.1 -2.6
NYパラジウム 18/06 979.05 11.55
NY原油 18/06 68.19 0.14
NYガソリン 18/05 211.23 2.26
シカゴコーン 18/07 395.25 -0.50
シカゴ大豆 18/07 1039.50 0.25
NYダウ 24322.34 238.51
ドル/円 109.24 -0.14
ユーロ/ドル 1.2098 -0.0057
NY為替
今日は米10年債利回りが3%台を割り込み米長期金利の上昇が一服したことから一時円売りの巻き戻しを誘ったものの米株式相場の堅調を受けドル買いが継続したことでドル円は109円台前半で底堅く推移した。ECB理事会では事前予想通り政策金利の変更は無かった。理事会後のドラギECB理事長の記者会見で出口戦略の具体的な時期などについて踏み込んだ発言が無かったことで引き続きドルに対しユーロが弱含みドルを下支えした。26日のNY為替市場ではドル円相場は前日とほぼ同水準の1ドル=109円30銭前後で取引を終えた。
NYダウ
米長期金利の上昇が一服したことや取引開始前に発表したフェイスブックやAMDなどのIT/ハイテク関連の決算発表が好調だったことから買い安心感が広がりIT/ハイテク関連以外にも半導体や消費関連など幅広い銘柄が買われ相場を押し上げた。NYダウは一時300ドル超の上げ幅となった。フェイスブックが9%あまり上昇したほかクレジットカードのビザが5%上昇し1銘柄だけでNYダウを40ドル押し上げた。26日のNY株式市場ではNYダウは前日比238ドル51セント高の24322ドル34セントと大幅に続伸した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も大幅反発し7118.68(+114.94)。
NY貴金属
金6月限は1317.9ドル(前日比-4.9)。白金7月限は910.1ドル(前日比-2.6)。金は続落した。ドル高ユーロ安が進んだことが金の圧迫要因となった。プラチナも続落した。ドル高、金の軟調が重石となったほか3月の米耐久財受注が前月比減少したことでプラチナの需要の伸び悩みが警戒された。
NY原油
原油6月限は68.19(前日比+0.14)。NY原油は小幅続伸した。ドル高が上値を抑えた一方で26日にイラン政府高官が「イランは核合意の見直しを行なわない」と発言したと伝わり核合意を巡り米国とイランとの関係悪化が懸念され中東地域からの原油の供給が細ることによって需給が逼迫するとの見方から買いを誘った。ガソリンは3日ぶりに反発し、ヒーティングオイルは続伸した。
シカゴコーン・大豆
コーン7月限は395.25セント(前日比-0.50)。大豆7月限は1039.50(前日比+0.25)。大豆は小幅に続伸しコーンは小反落した。コーンは小麦安に圧迫されたことや26日にUSDAが発表した週間輸出売上高が市場予想を下回ったことで輸出の低迷を懸念した売りに押された。大豆は5月初めにムニューシン米財務長官が中国を訪問するとの報道を受け米中貿易問題の協議の進展を期待した買いが入った。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米新規失業保険申請件数(前週分)20.9万件(予想23.1万件 前回23.3万件)
21:30米3月耐久財受注(前月比)+2.6%(予想+1.2% 前回+3.5%)
21:30欧ドラギECB総裁・定例記者会見


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。