景気悲観論やや後退で戻り高値トライへ

    • 更新日:19/04/08
今週の日経平均株価、ドル・円想定レンジ:

 ・日経平均株価 21450円 – 22150円
 ・ドル・円 110円80銭 – 112円50銭

今週のポイント:

 ・米中貿易摩擦協議の合意枠組みの進展動向
 ・世界的な景気減速懸念のやや後退でムード好転へ
 ・4月23日から始まる各企業の決算発表と控える10連休の影響

ニュース:

先週金曜日の3月米国雇用統計は、失業率は3.8%(2月3.8%)、非農業部門雇用者数は前月比+17.5万人(最小+8.5万人、最大+23.3万人)と見込まれていたが、非農業部門雇用者数が前月比+19.6万人、+3.3万人と低調な伸びにとどまった2月分から回復。3月の結果は2月の雇用低迷が政府機関閉鎖や悪天候など一時的、特別要因が影響したとの見方を裏付けた。賃金は、前年比+3.2%と予想外に伸びが鈍化した。このところ米国経済の指標が強弱まちまちだったが、やや景気減速懸念が緩和される内容であった。日本、中国の景気動向指数も先月からやや改善傾向になっており現状は、景気の踊り場にあり、世界の株価には、ニュートラルの状態と思われる。


米中貿易協議は、米中が新たなコンセンサスに達して協議が進展していることが報じられている。早期決着を求める中国に対して米国サイドは「合意の枠組みをまとめるのに4週間、詳細の文書化にプラス2週間の時間が必要となる可能性」と伝えている。いずれにせよ、米中貿易協議については、警戒感より合意前提の期待感で市場に織り込まれている。


今週は、10日発表予定の3月消費者物価指数でインフレ率が鈍化した場合、金利先高観のさらなる後退が予想される。同日は米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(3月開催分)も公表される。金利引き上げについてFOMCメンバーから慎重な意見が多く出ていた場合、先取りする市場は、年内利下げ(トランプ大統領のFRBに対する圧力)の楽観的な予測が高まる可能性もある。リスク選好的なドル買いが増える可能性は低いと思われる。日本株は、23日に日本電産から本格化する決算発表と4月27日から始まる10連休で個人、機関投資家の様子見姿勢は、日を追うごとに強まることが想定され市場参加者は、徐々に減少していくことが想定されるが、テクニカル指標も好転し、景気後退の懸念もやや薄れたタイミングで今週は、22000円をトライするであろう。為替の円安、景気の踊り場、新元号入りと市場の雰囲気は、好転し始めている。


今週の経済指標:

  8日:2月国際収支(8:50)
          3月消費者動向調査(14:00)
          3月景気ウォチャー調査
          米2月製造業受注(23:00)
  9日:国際通貨基金(IMF)世界経済見通し発表
10日:3月国内企業物価指数(8:50)
          2月機械受注(8:50)
          ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)米3月消費者物価指数(21:30)
          3月19・20日開催のFOMC議事録
          米3月財政収支(3:00)
11日:3月マネーストック(8:50)
          中国3月消費者物価(10:30)
          中国3月生産者物価(10:30)
          米3月生産者物価(21:30)
          G20財務省中央銀行総裁会議(~12日ワシントン)
12日:中国3月貿易収支
          米3月輸出入物価(21:30)
          米4月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)

日経平均 テクニカル&サポート:

23653.30円– ボリンジャー:+3σ(26週)
23052.60円– 均衡表雲上限(週足)
22863.05円– ボリンジャー:+2σ(26週)
22475.67円– ボリンジャー:+3σ(13週)
22397.78円– 均衡表雲下限(週足)
22178.87円– ボリンジャー:+3σ(25日)
22072.80円– ボリンジャー:+1σ(26週)
22008.57円– ボリンジャー:+2σ(13週)
21940.02円– ボリンジャー:+2σ(25日)
21911.63円– 200日移動平均線
21860.39円– 3月4日高値
21822.04円– 新値三本足陽転値

21807.50円– 4月5日日経平均株価引け値

21701.16円– ボリンジャー:+1σ(25日)
21652.00円– 5日移動平均線
21541.47円– ボリンジャー:+1σ(13週)
21462.31円– 25日移動平均線
21406.69円– 均衡表転換線(日足)
21385.98円– 均衡表基準線(日足)
21282.55円– 26週移動平均線
21268.98円– 均衡表基準線(週足)
21223.45円– ボリンジャー:-1σ(25日)
21181.76円– 均衡表雲上限(日足)
21087.85円– 均衡表転換線(週足)
21074.37円– 13週移動平均線
20989.26円– 75日移動平均線
20984.60円– ボリンジャー:-2σ(25日)
20745.75円– ボリンジャー:-3σ(25日)
20607.27円– ボリンジャー:-1σ(13週)
20492.31円– ボリンジャー:-1σ(26週)
20409.96円– 均衡表雲下限(日足)
20140.17円– ボリンジャー:-2σ(13週)
19702.06円– ボリンジャー:-2σ(26週)
19673.07円– ボリンジャー:-3σ(13週)
18911.81円– ボリンジャー:-3σ(26週)


投資相談サロン ご相談無料

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。