東京商品取引所の次期取引システムの変更点について

東京商品取引所(以下、TOCOM)では、2016年9月20日(火)より、日本取引所グループ(JPX)の取引システムが導入されました。

【特に重要な注意事項】

  • ・9月16日(金)の夜間立会は休場です。
  • ・新システムでは注文の訂正・取消ができない時間(ノンキャンセル・ピリオド)が導入されます。
  • ・新たなサーキットブレーカー制度として、「即時約定可能値幅」 (Dynamic Circuit Breaker = DCB)が導入されます。
  • 立会スケジュール等の変更

    ◆立会時間の変更点について

    項目 次期システム 現行システム
    日中立会 8時45分 ~ 15時15分
    8時から注文受付開始
    9時00分 ~ 15時15分
    ※8時30分から注文受付開始
    夜間立会 16時30分 ~ 翌歴日5時30分
    ※16時15分から注文受付開始
    ※ゴムのみ19時まで
    16時30分 ~ 翌歴日4時00分
    ※16時15分から注文受付開始
    ※ゴムのみ19時まで

    ◆次期システムの、当日(一計算区域)立会時間

    ※ゴムのみ夜間立会は、「16:30~19:00」となります。

    ◆その他変更点

    項目 次期システム 現行システム
    大納会における
    夜間立会
    取引最終日(大納会)に
    翌計算区域の夜間立会を実施
    夜間立会は行われない
    新甫発会日 納会日の翌計算区域の日中立会から新甫発会 納会日の翌計算区域の夜間立会から新甫発会

    板合わせについて

    • 日中立会は、8:45に寄板合わせを行った後、15:10までザラバ取引が行われます。
      15:10から15:15までの間、注文受付時間を設け15:15に引板合わせが実施されます
    • 夜間立会は、16:30に寄板合わせを行った後、翌暦日5:25までザラバ取引が行われます。
      5:25から5:30までの間、注文受付時間を設け5:30に引板合わせが実施されます
      ※ゴムについては、18:55までザラバ取引を行い、18:55から19:00までの間、注文受付時間を設け19:00に
      引板合わせが実施されます

    ◆【重要】ノンキャンセル・ピリオドの導入

    板合わせ直前の訂正・取消により、板合わせ価格が直前に変動することを防止するため、訂正・取消注文を原則として禁止する
    ノンキャンセル・ピリオド(以下NCP)が導入されます。

    対象時間帯 夜間立会の寄付板合わせ 1分前
    夜間立会の引板合わせ 1分前
    日中立会の寄付板合わせ 1分前

    ※日中立会の引板合わせ、サーキットブレーカー解除後の板合わせ及びDCB後の板合わせについては対象外。

    計算区域のタイムスケジュール


    売買注文の変更

    ◆注文の名称変更について

    次期システム 現行システム 約定条件 備考
    指値 LO FaS

    価格を指定して発注する売買注文です。
    売り注文であれば指定価格以上で約定します。
    買い注文であれば指定価格以下で約定します。
    また、約定残枚数は板に残ります。

    成行 MO FaK,FoK

    価格を指定しないで発注する注文で、約定できる枚数は約定し、残枚数はキャンセルされる注文です。
    全量約定を保証するものではありません。

    対当値段 MTLO FaS,FaK,FoK

    市場で約定できる可能性の高い値段で発注される売買注文です。
    反対サイドに注文がある場合、最良気配値と約定し、残注文は当該約定価格の指値注文となります。
    反対サイドに注文がない場合、キャンセルされます。

    ◆引け条件付き注文の導入

    下記の注文は、新システムより導入されます。(現行システムにはありません。)

    項目 内容
    引成注文 引板合わせ時に成行注文として登録されます。
    引指注文 引板合わせ時に指値注文として登録されます。

    ※引指注文において、弊社システムでは有効期限を設定された場合、発注を行った当該セッションの引板合わせ時に約定しなかった場合は板に残ります。

    ◆発注可能値段

    次期システム 現行システム
    サーキットブレーカー(SCB)幅の範囲内 前計算区域の帳入値段から上下に2,000tickの幅
      ※新システムでは、発注可能値幅がSCB幅と同値となるため、 TOCOMではSCB幅外への注文は受付られません。

    サーキットブレーカー

    次期システムでは現行のサーキットブレーカー(Static Circuit Breaker = SCB)に加え、新たなサーキットブレーカー制度として、「即時約定可能値幅」 (Dynamic Circuit Breaker = DCB)が導入されます。

    ◆即時約定可能値幅(DCB)の導入

    価格の連続性を維持し、急激な価格変動を防止するため、即時約定可能値幅が導入されます。

    ◆概要

    ※即時約定可能値幅外で注文が対当した場合、30秒間、立会が一時中断(DCB:Dynamic Circuit Breaker)されます。

    ※DCB中は注文受付を行い、板合わせから再開いたします。

    ※即時約定可能値幅は基準値段を基に設定されます。

    ※基準値段は原則として直近約定値段です。

    ◆注意事項

    ※寄付板合わせ時(日中立会、夜間立会とも)には即時約定可能値幅は設定されません。

    ※引板合わせ時(日中立会、夜間立会とも)には即時約定可能値幅内で注文が対当した場合に約定が成立します。

    ※DCB後の板合わせ時には即時約定可能値幅内で注文が対当した場合に約定が成立します。

    ※サーキットブレーカー後の板合わせ時には即時約定可能値幅は設定されません。

    ※FoKではDCBは発動しません。

    ※即時約定可能値幅は定期的に見直しされます。