ボリンジャーバンド

■表示画面サンプル

ボリンジャーバンド

説明

「ボリンジャーバンド」は、価格変動の標準偏差を用いて移動平均線の上下に「バンド」を作り、実際の価格とバンドとの相対的な位置関係から将来の価格の動きを統計的確率論から判断する指標です。 基本的な読み方は「バンド」の上限に接近したが上抜けなかった場合、マーケットは上げ過ぎと判断し「売りサイン」、「バンド」の下限に価格が接近したが下抜けなかった場合、マーケットは下げ過ぎと判断し「買いサイン」とします。

ワンポイント

統計学上では、マーケットにおける価格変動が正規分布である場合、移動平均線1標準偏差の中に入る確率は68.27%、移動平均線2標準偏差の中に入る確率は95.45%であるとされています。

基本的な判断と読み方
バンドの上限 売りサイン
バンドの下限 買いサイン