移動平均線乖離率

■表示画面サンプル

移動平均線乖離率

説明

「移動平均線乖離率」は、移動平均の値から実際の価格がどれくらい離れているかを表すもので、相場の行き過ぎ、トレンドの転換などの予測に利用します。
移動平均線と価格線(もしくは移動平均線同士)の離れ具合を指数化したもので、乖離の度合いによって買われ過ぎ、売られ過ぎを表します。
基本的な読み方は、0(ゼロ)ラインを下から上へ抜ければ「買いサイン」、0(ゼロ)ラインを上から下へ抜ければ「売りサイン」とします。

ワンポイント

独自で設定を変更する際には、基準とする移動平均線が長期のものになればなるほど、乖離率は高くなる傾向があることを覚えておきましょう。

基本的な判断と読み方
ゼロラインを上抜ける 買いサイン
ゼロラインを下抜ける 売りサイン