一目均衡表

■表示画面サンプル

一目均衡表

説明

「一目均衡表」は、価格の動きに加えて時間的概念に重きをおいたテクニカル分析手法です。
「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つが主な構成要素です。
基本的な読み方は「基準線」よりも「転換線」の方が上にあるマーケットは上昇トレンドにあると判断し、「基準線」よりも「転換線」の方が下にあるマーケットは下降トレンドにあると判断します。
また「基準線」に対して「転換線」が下から上へと突き抜ければ「買いサイン」、「基準線」に対して「転換線」が上から下へと突き抜ければ「売りサイン」となります。
2本の先行スパンの間を塗りつぶすと「雲」とよばれる不規則な帯状のものが形成されます。
この「雲」が価格より下に位置していればマーケットは上昇トレンド、「雲」が価格より上に位置していればマーケットは下降トレンドにあるとします。
「遅行スパン」は価格線を下方から上抜いたら「買いサイン」、上方から下抜いたら「売りサイン」と判断します。

ワンポイント

「基準線」は過去26日間(基本数値2)の最高値と最安値の平均線で、「転換線」は過去9日間(基本数値1)の最高値と最安値の平均線です。
「遅行スパン」はその日の終値を単純に26日溯った地点に書き込んだ点をつないだもので、「先行スパン1」は「基準線」と「転換線」の平均値を26日先(基準数値2)に記入していくもの、「先行スパン2」は過去52日間(基準数値3)の最高値と最低値の中間値を26日先の地点に記入していくものです。

基本的な判断と読み方A
転換線が基準線を上抜く 買いサイン
転換線が基準線を下抜く 売りサイン
基本的な判断と読み方B
遅行スパンが価格を上抜く 買いサイン
遅行スパンが価格を下抜く 売りサイン