MACD

■表示画面サンプル

MACD

説明

「MACD(Moving Average Convergence / Divergence Trading Method)」は、2本の滑らかな曲線を用いて方向性や乖離、絡み具合から売買サインを明確に表示するため、一般的に信頼性が高く、使いやすい指標であると言われています。
基本的な読み方として、「MACD」が「MACDの単純移動平均(シグナル)」を下方から上抜く(ゴールデンクロス)と「買いサイン」、逆に「MACD」がシグナルを上方から下抜く(デッドクロス)と「売りサイン」となります。

ワンポイント

ゼロの目盛り線より下で「買いサイン」が出た後に、2本の線がゼロの目盛り線を上抜いてくれば「買いサイン」の信頼性は高まります。
同様にゼロの目盛り線より上で「売りサイン」が出た後に、2本の線がゼロの目盛り線を下抜いてくれば「売りサイン」の信頼性は高まります。

基本的な判断と読み方A
ゴールデンクロス 買いサイン
デッドクロス 売りサイン