ウィリアムズ%R

■表示画面サンプル

ウィリアムズ%R

説明

「ウィリアムズ%R」は、一定期間の最高値と最安値からなるレンジにおいて、当日の終値が相対的にどのような位置にあるのかを示すもので、0%から100%の範囲で表示されます。
基本的な読み方として、「0%に近づけば買われ過ぎ」「100%に近づけば売られ過ぎ」と判断し、逆張り(直近のマーケットの動きとは反対方向へ動くと予想してポジションを持つ投資法)のタイミングを判断します。

ワンポイント

「ウィリアムズ%R」は、短期売買を前提として小さな値動きにも敏感に反応します。
その敏感さゆえに逆張りの絶好のタイミングを捉えることができる反面、0%、100%といった数値が頻繁に出ることもあり、単純に「0%が売りサイン」「100%が買いサイン」と判断することはできません。
そのため何度か0%や100%をつけた後に急反転するのを確認してからポジションをつくるという使い方もありますが、敏感さが失われるデメリットもありますので注意が必要です。

基本的な判断と読み方
0%に近づく 買われすぎ
100%に近づく 売られすぎ