ローソク足

説明

一般的に価格の動きをグラフ化したものを「チャート」、または「罫線(けいせん)」と呼びます。
その描き方として広く利用されているのが「ローソク足」と呼ばれるものです。
「ローソク足」は、過去の価格推移と比較して現在の値位置が高いのか、安いのかを明瞭に示すチャートとして世界中で利用されています。
「ローソク足」は、ある期間の価格の動きを「始値(その期間の最初に成立した価格)」「高値(最も高く成立した価格)」「安値(最も安く成立した価格)」「終値(最後に成立した価格)」の4つの数値で表わします。
これを「4本値(よんほんね)」といいます。
まず、「始値」と「終値」でローソクの実体を描きます。
「終値」が「始値」より高い場合を「陽線(ようせん)」と呼び、赤または白抜きで表示し、逆に「終値」が「始値」より安い場合を「陰線(いんせん)」と呼び、黒塗りで表示します。
また、「始値」と「終値」が同じ価格だった場合を「寄引同事線(よりびけどうじせん)」と呼びます。
「始値」や「終値」より高い価格、安い価格があった場合は、実体から上下に線を引き、上に伸びた線は「上影線(うわかげせん)」または「上ヒゲ」、下に伸びた線は「下影線(したかげせん)」または「下ヒゲ」と呼びます。

基本的な読み方
陽線
A:「始値」
B:「終値」
C:「高値」
D:「安値」
陰線
A:「始値」
B:「終値」
C:「高値」
D:「安値」

ワンポイント

「ローソク足」の種類には「日足(日々の値動きを対象とするもので1日の4本値を用いる)」「週足(週単位の値動きを対象とするもので1週間の4本値を用いる)」「月足(月単位の値動きを対象とするもので1ヶ月の4本値を用いる)」等が代表的なものとして挙げられます。
なお国内の上場銘柄のチャートを分析する場合、「先限つなぎ足(常に先限限月の4本値を用いてつなぎ合わせたもの)」または「一代足(限月を指定したもの)」が利用されますが、海外の上場銘柄のチャートを分析する場合は主要取引限月が当限月のため、「当限つなぎ足」または「一代足(限月を指定したもの)」が利用されます。

代表的種類
1日単位 日足
1週間単位 週足
1ヶ月単位 月足
5分単位 5分足
出来高単位 ティック